社会の話題と反応を発信していくネットメディア

下院はバイデンを調査する/ジョーダン議員(監視委員会)「ハンターのラップトップは言い分がコロコロ変わっている。最初はハンターのではないと言っていたではないか」(動画)

事件

ジム・ジョーダン議員

最初は、ハンターのラップトップじゃなかった。

その後、彼のラップトップであることを認めたが、ロシアの “偽情報 “であると主張した。

その後、偽情報でないことを認めたが ジョー・バイデンは関与していないと断言した。

今、ジョーは関与していたように見えるが、彼らは彼が何も悪いことはしていないと話している。

コマー氏のプレゼンテーションのどこがロシアの偽情報だったのか。2020年10月9日に起きたことを決して忘れてはいけない。2020年、最も重要な選挙の15日前に起きたのだ。私たちの国では誰が次の大統領になるのかが決まっています。

その15日前にブレナン氏クラッパー氏他49名が署名した書簡には次のように書かれている。「バイデン副大統領の息子ハンターのものとされる電子メールが米国政治に登場したことは、ロシアの情報操作の典型的な兆候である」と

さらに、ニューヨークポストに掲載された電子メールが本物かどうかはわからないと強調した。ただ、我々の経験では、ロシア政府が重要な役割を果たしたと深く疑っている。そしてもちろん、その手紙は、最も重要な選挙の数日前に、この話を再び弾圧する口実となった。

最も重要な選挙の数日前に、またこの話をする。私たちの国には、JPモルガンの財務省への疑わしい活動報告書がある。それはちょうどロシアの情報操作の古典的なものであった。

コマー氏(共和党下院監視委員会)が指摘した、新しいオフィススペースの鍵を要求するメールを送ったのはどうだろう。コマー氏のプレゼンテーションのどの部分が、FBIがフェイスブックに行き、この選挙シーズンにロシアの誤報に注意するよう促したのか。

最初は「彼のノートPCじゃない」だったのだ。彼のノートパソコンではないだったのだ。その後、そうなった。彼のノートパソコンだ、でもロシア製だ、誰も間違ったことはしていないと。

多分、彼は何か間違ったことをしたが、バイデン大統領はそれを知らなかった、そして今、それはよくあることだ。

もしかしたら、バイデン大統領はそのことを知り、関与していたかもしれないが、それは彼の決断に影響を与えなかった。(と逃げているのだ)

参考記事

海上幕僚長「ボールは韓国側に」→韓国「レーダー照射はなかった」/ネットは岸田氏の韓国との関係改善外交批判「いい顔するからこうなる!」「慰安婦、徴用も全てなし!」
海上幕僚長「ボールは韓国側に」 レーダー照射問題 11/15(火) 海上自衛隊トップの酒井良海上幕僚長は15日の記者会見で、平成30年12月に起きた韓国海軍駆逐艦による海自哨戒機へのレーダー照...続きを読む
カリ・レイク、再集計まであと0.1ポイント/アリゾナ州では0.5%差で自動再集計 -現在0.6%差/アリゾナ州知事選
アリゾナ州では0.5%で自動再集計が発動 - カリ・レイクは0.6%になった 11月17日 アリゾナ州のケイティ・ホッブス州務長官は、最新の更新で、共和党のカリ・レイクに対する知事選でのリード...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました