社会の話題と反応を発信していくネットメディア

マリコパ郡選挙管理委員会委員が、法廷で偽証をした可能性。不具合の投票用紙を知らなかったと証言し、翌日「問題があることを知っていた」と証言した。

政治

マリコパ郡選挙管理委員会のスコット・ジャレット、偽証の可能性。

2022年12月27日

マリコパ郡選挙管理委員会のスコット・ジャレットは、集計の失敗を引き起こし、選挙当日の何千人もの有権者の権利を奪った投票用紙プリンタの設定について嘘をつき、法廷で偽証をした可能性が高い。

水曜日の証言の下のビデオでは、ジャレットは、20インチの投票用紙を小さくしたものを紙の投票用紙に印刷する方法を知らなかったと宣誓して2回証言している

これは、木曜日の彼の証言、ジャレットがドア3の投票用紙の監査照合を始めたとき、これらの投票用紙のいくつかに用紙に問題があることを確認していた」という証言と大きく矛盾している。

これは、スコット・ジャレットが偽証をした証拠であり、重罪にあたる。

これは、選挙当日の問題が、意図的な不正行為の結果であることを示す、さらなる証拠である。

WATCH: Maricopa County Election Director Scott Jarrett Testifies He Had No Idea How 19 Inch Ballot Image Could Be Printed On 20 Inch Paper THEN Admits The Next Day That He Learned What Caused It “a Few Days After Election Day”
Maricopa County Election Director Scott Jarrett likely perjured himself in a court of law by lying about the ballot printer settings that caused tabulation fail...続きを読む

オルセン:19インチの投票用紙が20インチの用紙に投影されたことについて、弁護団があなたに質問をしましたね。それを覚えていますか?

ジャレット: はい、覚えています。

オルセン: はい。どうすればそんなことが起こるのか、心当たりはありますか?

ジャレット 心当たりはありません。

オルセン: EMSに2つの異なる投票用紙の定義がインストールされる必要があるのでしょうか?

ジャレット: 最初の質問で、どのように発生しうるか見当がつくかどうか尋ねられたので、私はつかないと答えました。

参考記事

トランプ大統領「トランプ政権のタイトル42が無くなれば、我が国は破壊される」:バイデンの不法移民でアメリカの崩壊続く
トランプ大統領「タイトル42が無くなれば、我が国は破壊される」 タイトル42は我々の国に残されたものを救っている。我々の素晴らしい、しかし今では崩壊したメキシコ在留政...続きを読む
岸田氏「増税の引き上げ時期決めた後に選挙」/ネット「順番逆だ」「は?増税する前選挙だろ」「コロナ&社会保障増税。老人甘やかして現役世代から搾り取るのやめろ!」
岸田総理 “防衛増税”「スタートの時期までには選挙がある」 出演BS-TBS番組で 12/27(火) 防衛費増額の財源の不足分を増税で賄う方針をめぐり、岸田総理は、出演したBS-TBSの番組で...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました