社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報!】トランプ大統領、Twitter、Facebook等にきれる!優遇措置「セクション230」の即時廃止を言及!

政治
スポンサーリンク

トランプ大統領、「セクション230」を廃止すべしとツイート

国家安全保障の目的で、セクション230は直ちに終了する必要がある!!!

選挙後の11/6にはTwitterは制御不能とツイート

「Twitterは制御不能であり、セクション230の政府からの贈り物のはずだ)」

記事はこちら👇

セクション230とはTwitterやFacebookなどプラットフォームを提供しているだけなので、発言は責任を問われないとする優遇措置

「この改定が実現すればFacebookやTwitter、Googleなどのプラットフォームは、サービス上での児童搾取やテロを助長するコンテンツを表示したり、ガイドラインに違反しないコンテンツを規制したりすると、民事訴訟を起こされることになる

スポンサーリンク

セクション230とはTwitterやFacebookはプラットフォームのみを提供しているに過ぎないとする優遇措置

セクション230は、プラットフォームはそのプラットフォーム上のコンテンツのパブリッシャーとはみなさないというもの。

大まかに言えば、プラットフォームは発言の場を提供しているだけなので、どのような発言があってもその発言に責任はないということだ。例えば米Facebookが2016年の大統領選でのフェイクニュース拡散の責任を法的に問われないのは、この条項のためだ。

セクション230については、Twitterによって投稿に警告ラベルを付けられたドナルド・トランプ米大統領が5月末、プラットフォームに責任を問う改訂についての大統領令に署名し、ウィリアム・バー司法長官が6月に改定案を発表しているが、法律改定は最終的に議会の承認が必要だ。

バー司法長官はプレスリリースで「インターネットを安全かつ活気に満ちたオープンで競争を保護する環境に保つことは米国にとって極めて重要だ。そこで、議会に対し、これらに必要なセクション230の改革を提案した。プラットフォームがコンテンツを違法に検閲した場合と、犯罪行為を故意に助長した場合の両方で、プラットフォームに責任を持たせる」と語った。

この改定が実現すれば、FacebookやTwitter、Googleなどのプラットフォームは、サービス上での児童搾取やテロを助長するコンテンツを表示したり、ガイドラインに違反しないコンテンツを規制したりすると、民事訴訟を起こされることになる。(itmedia)

米司法省、「セクション230」改定案を議会に提出 プラットフォーマーによる検閲や見逃し規制強化目指す
米司法省が、Tiwtter、Facebook、Googleなどのオンラインプラットフォームがそのコンテンツについての責任回避を可能にしていた法律、いわゆる「セクション230」の改定案を議会に提出した。
スポンサーリンク

公聴会では、Twitter、FacebookのCEOに対し、共和党議員がセクション230を廃止する!と激しく非難

ザッカーバーグ氏とジャックドーシーは目は泳ぎ、口ごもりたじたじ

テッドクルーズ議員はTwitterのCEOに「発行者」という単語を定義するよう述べ、彼自身の定義を使用して、Twitterの長い検閲の歴史をポイントごとに調べ、Twitterが実際に発行者(パブリッシャー)である理由を示した。

記事はこちら👇

NEW👇
NEW👇

 

タイトルとURLをコピーしました