社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ペンタゴン「バイデン移行チームとのブリーフィングを一時停止すると「相互に合意した」と発表

政治
スポンサーリンク

今日はいろいろ情報が錯綜しています。

・先ほどthegatewaypundit.comに、「ラトクリフ長官が大統領に外国の干渉があったとレポートを出した」と記事が載ったのですが、すぐに削除されました。(先ほどその記事を当サイトも載せましたが、数分後に削除しました。ご覧になった方にはこの場をお借りしてお詫び申し上げます)

anonymous patriotさんもツイートしています。
今日は、至る所で矛盾するレポートと情報を伴うニュースの旋風でした。それは偶然ではなかったと思います。物事が本当に熱くなり始めているので、私たちは大規模な「戦場の霧」キャンペーンを経験していると思います。考えてみてください。私たちが混乱しているのなら、[彼ら]もそうです

スポンサーリンク

ペンタゴン関連も情報が錯綜していました

ペンタゴンはジョー・バイデンへの諜報ブリーフィングを中止しました

一方反対の記事も

速報:国防長官代理のクリス・ミラーは、バイデン大統領の移行に協力するために国防総省全体の停止を命じました-Axios経由

スポンサーリンク

ペンタゴン関連はこちら(justthenews)の記事が本当のようです

金曜日のペンタゴンは、バイデン移行チームとの会談とブリーフィングを停止したという報告を押し戻し、双方が「休暇の一時停止時に相互に合意した」と述べた。

国防長官代理のクリストファー・ミラー氏は、「この部門が面接をキャンセルしたり拒否したりしたことは一度もない」と述べた。

国防総省の高官はジャストニュースに、同省は来月の就任前にバイデンチームに完全に説明するつもりであると語った。

「COVIDとホリデーPTOにより、これらの会議のスケジュールを変更する必要がありましたが、バイデンチームはスピードを上げるための一歩を失うことはありません」と当局者は語った。

ミラーはまた 、国防総省がバイデンのエージェンシーレビューチームとの「200人以上のDoD職員との139のインタビューセッション、161の情報要求、および数千ページの非公開および機密文書の開示」を提供したと声明で述べた 。

ミラー氏はまた、「明日から始まる休日の一時停止について相互に合意した後、本日から移行と再スケジュールされた会議を継続する」と述べた。

バイデンチームは、一時停止を「相互に合意した」ものについて異議を唱えました。

バイデンの移行チームの事務局長であるヨハネス・アブラハム氏は金曜日にメディアに語った。「はっきりさせておきますが、休暇の休憩については相互に合意していませんでした。スペアに。”

Pentagon says pause in briefings with Biden transition team 'mutually agreed upon'
"At no time has the department canceled or declined any interview" with the Biden transition team, Defense secretary says.
スポンサーリンク

ペンタゴンはこれまでバイデン移行チームとの接触を拒否

トランプ政権は、大統領選のジョー・バイデンの移行チームのメンバーが国防総省によって管理されている米国の諜報機関の職員と会うことを許可することを拒否し、権力の円滑な移転の見通しを損なうと、現在および元の米国当局者は述べた。

行き詰まりにより、バイデンチームは、国家安全保障局、国防情報局、および分類された予算とグローバルなスパイプラットフォームを備えたその他の軍事運営のスパイサービスのリーダーと連携することができませんでした。

国防総省は今週、バイデンチームからの要請を拒否した、と当局者は述べた。

バイデンの顧問が今週の多くを国家情報長官室とCIA、米国の諜報機関の一部であるが国防総省から独立している機関の職員と会ったときでさえ、拒絶は来ました。(stripes.com)

記事はこちら

これから起こることにペンタゴンは備えている。バイデンチームは情報を取りたい。そのせめぎ合いではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました