社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ピーターナバロ氏、3つ目の選挙レポートをリリース/バイデン政権が始まる前に特別検察官を任命し、完全な調査の必要性を訴える

政治

1月14日、トランプチームのピーター・ナバロ氏が歴史的な不正選挙に関する3つ目の主要レポートを発表し、「トランプ大統領の勝利を確認」

・この不正選挙の完全な調査が必要
・アメリカでは不正選挙が常態化している
・このままでは米国の民主主義を守れない

スポンサーリンク

ナバロ氏が不正選挙レポートを提出(これで3つ目)

速報:トランプチームのピーターナバロが歴史的な不正選挙に関する3番目の主要なレポートをリリース—「トランプが勝った」ことを確認(1/14)
トランプチームのピーターナバロは、2020年の選挙から3回目のレポートを発表しました。これは、トランプ大統領が選挙に勝利したことを証明するものです。

最初のレポートはこちら👇

スポンサーリンク

真実の探究が必要

これらの真実を検討する際に、2つのことを決して忘れないようにしましょう。

(1)民主党とその工作員が1960年の大統領選挙を盗んだ。(2)歴史家が、今日私たちが目撃しているのと同じ種類の美徳シグナリングに直面して、1960年版の無原罪の欺瞞を最終的に認め、文化的圧力を取り消すのに数十年かかりました。


今日、共和党と保守的な声を沈黙させるという同様の探求にもかかわらず、ドナルドJ.トランプ大統領に投票した7,400万人のアメリカ人は、完全な調査と超党派の真実の探求を受ける権利を持っています。 しかし、民主党、共和党のRINO要素、反トランプの主流メディア、および制御不能な検閲ソーシャルメディアのオリガルヒが、2020年についての真実の探求を抑制する努力をやめず、やめない場合選挙、歴史は、これらすべての人々、企業、および機関を可能な限り厳しい方法で判断します。

スポンサーリンク

レポートに記載されている州別の不正および違法のリストは次のとおりです。

この報告書の分析と詳細で文書化された違法投票の量に基づいて、 私たちが政権交代に従事するときに今起こらなければならない唯一のことは、この問題の完全な調査です。

•司法省は、バイデン政権が始まる前に、直ちに特別検察官を任命する必要があります。
•激戦州、特に共和党の州の州議会議員と弁護士総長は、同様の調査を開始する必要があります。

完全な調査がなければ、私たち国民は、アメリカの大部分がもはや信頼できない不正な選挙制度を制度化するリスクを冒しています。だからこそ、2020年の大統領選挙についての空気を一掃することはドナルドJ.トランプだけではありません。むしろ、はるかに大きく、はるかに重要な何かについてです。選挙制度の未来、その制度に対する国民の認識、そして最終的には自由で民主的な共和国の未来です。

追記しました

スポンサーリンク

ナバロ氏は、1月20日の就任式を延期して不正選挙を徹底調査すべし/これは合憲と言っていた(1/3)

1月20日の大統領就任式を延期する手。副大統領権限で特別検察官を任命し不正選挙を捜査して、必要なだけ就任を遅らせても、これは合憲。

「ペンスには、監査のための10日間の期間を承認する権限があります。就任式は再スケジュールすることができます」/ピーター・ナバロ

スポンサーリンク

ナバロ氏のツイート

「Navarro Report、Volume 3は、2020年の選挙における潜在的な違法投票数の学術的表現を提供します。それが学術的言説の性質であるため、その発見に異議を唱える可能性のある人を歓迎します」

スポンサーリンク

ピーター・ナヴァロ(Wikipedia)

(Peter Navarro, 1949年7月15日 – )は、アメリカ合衆国の経済学者・公共政策学者。現在、カリフォルニア大学アーバイン校ポールミラージュ・ビジネススクール(英語版)教授。2017年1月20日、ドナルド・トランプ大統領から指名を受け、新設された国家通商会議(現・通商製造業政策局)のトップに就任した。教職に付く以前は東南アジアのアメリカ合衆国平和部隊に所属していたほか、ワシントンD.C.でエネルギー・環境政策のアナリストとして勤務していた。

ピーター・ナヴァロ - Wikipedia
スポンサーリンク

参考記事

 

タイトルとURLをコピーしました