社会の話題と反応を発信していくネットメディア

枕販売会社のCEOマイクリンデルが、ホワイトハウスでトランプ大統領に面会した時のメモに書かれていたもの

政治
スポンサーリンク

ワシントンポストの写真家がリンデルのメモを取得

ワシントンポストの写真家がホワイトハウスでマイクリンデルのメモの写真を取得、DCで実際に何が起こっているのか?

CEOのマイケルリンデルは、2021年1月15日金曜日にワシントンDCのホワイトハウスでウェストウィングに入る前にメモを披露します。

スポンサーリンク

枕会社CEOは戒厳令を宣言することについていくつかの考えを持っているようです

枕販売会社のCEOのマイケルリンデルは、金曜日にホワイトハウスのウェストウィングのドアの外で見られた。

リンデルは、ご想像のとおり、枕を製造しているMyPillow社のCEOです。彼の会社はフォックスニュースで大々的に宣伝しており、しばしばリンデル自身を特集したスポットがあります。共和党の主要なドナーである彼は、トランプ政権の初期に製造業を中心としたイベントに参加しました。それ以来、彼は定期的にホワイトハウスに戻り、大統領との緊密な関係を宣伝してきました。これには、リンデルが金銭的な利害関係を持っていたと思われるコロナウイルス治療をトランプに支持させるための昨年8月の努力が含まれています。(トランプはそうしませんでした。)

スポンサーリンク

リンデルはホワイトハウスを訪れた

金曜日に、彼は再びその机を見る機会があったかもしれません。午後3時頃、彼はウェストウィングに案内されました。彼の訪問の主題は?リンデルが入るのを待っている間に保持していたメモが何らかの兆候である場合、彼はトランプがフェイスブックのフォロワーに約束した「あと4年」をトランプがどのように解決するかについての考えを話し合いたいと思いました。

ワシントンポスト紙のジャビンボッツフォードは、リンデルがトランプと会いに行ったときに持っていたメモの画像をキャプチャしました。ページの半分しか見ることができませんが、それでも多くのことがわかります。

スポンサーリンク

これが、ページに書かれていることをキャプチャです。

…保存するためにすぐに取られます
…憲法
…国家安全保障代理としての今のコロン
…すべての証拠を得ている彼
…選挙およびに関するすべての情報
…すでにセキュリティを持っている彼が知っている人々を使用して
…これらの問題について大規模な調査を行いました
…フォートミード[原文のまま]。彼はサイバーの弁護士です-
…専門知識があり、選挙の問題に精通しています。
…暴行の結果として今反乱法
…必要に応じて戒厳令


[取り消し線]
…シドニー・パウエル、ビル・オルセン、カート・オルセン、
国防総省。KashPatelをCIAActingに移動します。
選挙における外国の干渉について。引き金
…力。これが中国/イランであることを明確にする
…国内の俳優も使用しました。フランクに指示する
証拠…より広い
…おそらく量…
…行…証拠

スポンサーリンク

戒厳令を宣言し政権交代を停滞させることを主張か?

下部では、テキストはリンデルのコーヒーカップによって隠されています。

しかし、要点はわかります。枕会社のCEOは、管理スタッフをシャッフルして、存在すると思われる不正選挙の証拠を収集し、トランプの権力を維持するために軍事資源を使用する戦略を持っています。それは、憲法を守るためです。

では、リンデルは実際に何を提案しているのでしょうか。いくつかのヒントがあります。

「…必要に応じて戒厳令への攻撃の結果としての…反乱法は…」リンデルは、国会議事堂での暴力に対応して、大統領は反乱法を発動すべきであると主張しているようです。それは彼が軍事資源を配備することを可能にするでしょう。彼の選挙の敗北に応じて軍隊を使用するという考えはかなり一般的であり、元国家安全保障顧問のマイケル・フリンを含む支持者がいます。フリンを含む一部の人々は、軍がどういうわけか新しい選挙を要求する可能性があると推測している。

リンデルの文書は、私たちが知る限り、それを述べていませんが、戒厳令を宣言することによって、どういうわけか政権交代を停滞させることを主張しているのかもしれません。

「シドニー・パウエル。」彼女は彼の法務チームから除かれましたが、伝えられるところによると大統領との関係を維持しています。

ニューヨークタイムズが指摘しているように、一部の人が公開しようとしているロシアの調査に関連する文書を機密解除できる可能性があります。

「これが中国/イランであることを明確にしてください…国内の俳優も使用しています…」リンデルの文書は、選挙が何らかの形で中国とイランの影響を受けた可能性があると主張しているようですが、これも信頼できる証拠はありません。(washingtonpost)抜粋

Analysis | A pillow salesman apparently has some ideas about declaring martial law
Trump loyalist Mike Lindell showed up at the White House on Friday with notes that raise alarming possibilities.
スポンサーリンク

参考記事

http://totalnewsjp.com/2021/01/15/trump-508/
タイトルとURLをコピーしました