社会の話題と反応を発信していくネットメディア

1月15日にホワイトハウスを訪れたマイクリンデル「我々は立ち直らなければならない。後退してはいけない」

政治
スポンサーリンク

マイク・リンデル:「私たちは立ち直らなければならず、後退してはならない」

左派の活動家グループであるSleepingGiantsは、ブライトバートニュースやフォックスニュースなどの保守的で右派のウェブサイトを削除するよう企業に圧力をかけるキャンペーンを継続的に行っています。

ツイッターでは、ベッド・バス・アンド・ビヨンドとコールズがマイピローを落としたというニュースを大騒ぎし、リンデルが2020年の選挙の結果に疑問を呈することで国会議事堂の違反を動機付けたと主張した。

リンデル氏は、彼の製品が全国のボックスストアでトップ3に入っていると述べ、企業はビジネスが苦しむことを恐れているため、彼と彼の会社から距離を置こうとしていると述べました。(theepochtimes)

Mike Lindell on Cancel Culture: ‘We Have to Make a Stand and Not Back Down’
Mike Lindell, CEO of MyPillow, said that groups are forcing retailers to delist his products and that Americans "have to stand up" against cancel culture.
スポンサーリンク

私は後退しない

「私は後退していません。私たちの国はここで危機に瀕しています。私はアメリカンドリームでこの国で育ちました。そして、私はステロイドのアメリカンドリームです」と、2004年にMyPillowを作成し、ミネソタ州チャスカで事業を構築したリンデルは述べています。「私たちは世界で最も偉大な国です。」

リンデルはアメリカ人に「文化のキャンセル」に立ち向かうよう呼びかけた。

「これは私たちが立ち向かわなければならない時です。メディアに戻って文化をキャンセルするのではなく、立ち向かわなければならない」と述べた。「今回は恐れて生きることはできません。私たちはみんな一緒に立つようになりました。そして、私は政治について話しているのではありません。私は人々を話している。」

スポンサーリンク

リンデル氏は1月15日にホワイトハウスを訪れた

トランプ大統領を訪れた帰り、戒厳令、反乱法と書かれたメモを手にしていた。彼はトランプがフェイスブックのフォロワーに約束した「あと4年」をトランプがどのように解決するかについての考えを話し合いたいと思った、と述べた。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました