社会の話題と反応を発信していくネットメディア

核のボタン(nuclear football)は、認○症の疑いのあるバイデンの元へ/ペロシは取り戻さなくていいのか?

政治
スポンサーリンク

核のボタンはバイデンの元へ

「核のフットボール」がトランプの管理者からバイデンの管理者に移された正確な瞬間です

スポンサーリンク

就任式の前に認○症の疑いのある人に手渡される

「核のフットボール」のうちの1つは、ジョー・バイデンの就任式に先立って、今朝、米国議会議事堂を通って輸送されました。

スポンサーリンク

核のフットボール(wikipedia)

Nuclear footballとは、アメリカ合衆国大統領が司令部を離れている時でも核攻撃の許可を出せる各種道具が入った黒いブリーフケースである。このブリーフケースはアメリカ軍の戦略的防衛システムにおいて、ホワイトハウス地下のシチュエーションルームなどの固定された司令部に対する移動可能な連絡機器として機能する。
正式名称は大統領緊急カバン。俗に原子フットボール、大統領の非常用サッチェル、核のボタン、ブラック・ボックス、あるいは単にフットボールとも呼ばれる。

スポンサーリンク

核のフットボールの引き渡しは遠隔操作

「少なくとも3つから4つの同一の「サッカーボール」があります。1つは大統領に続き、もう1つは副大統領に続き、もう1つは就任式や一般教書演説などのイベントで指定生存者のために取っておかれます」

「1月20日、ホワイトハウス警護室がバイデン氏の別のバックアップを準備しているか、すでに手元にない限り、追加のサッカーは指名された人と一緒に町の外に出て、マイクペンスのブリーフケースだけを残します。」

トランプ大統領が核のフットボールと認可ビスケットを持ってフロリダにいるとしても、トランプの核攻撃力は、コードが非アクティブ化されるため、正午に終了します。(thesun)

Trump sparks ‘nuclear football’ fiasco by flying codes with him to Florida
DONALD Trump’s decision to skip Joe Biden’s inauguration has sparked “war-game” tactics as the traditional handover of the Presidential nuclear codes is cancell...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました