社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「侮辱だ!」バイデン、支持されていた労働組合からさっそく非難され、そっぽを向かれる

政治
スポンサーリンク

「侮辱」-バイデンを支持した労働組合が今や彼を襲っている

2020年の大統領選挙でジョー・バイデン大統領を熱心に支持したいくつかの組合は、現在、民主党の政策を支持することの意味を難しい方法で学んでいます。

バイデンの有権者はすでに投票を後悔しています。就任初日、新大統領はキーストーンXL石油パイプラインの建設許可を取り消し、数千人の雇用を破壊しました。そして、仕事だけでなく、組合の仕事も。

スポンサーリンク

パイプラインの建設を取り消されバイデンに雇用を1万人奪われる

パイプラインの所有権をアルバータ州政府と共有しているカナダの企業であるTCEnergy Corp.は、パイプラインの建設により、2021年だけで10,000人の雇用が創出されると見積もっています。

パイプラインが完成すると、合計42,000のジョブが満たされると予想されました。

それはただ一つの組合ではありません。

北米労働者国際連合はこの声明を発表しました:

「大統領就任初日にキーストーンXLパイプライン許可を取り消すというバイデンの決定は、高給の中流階級の家族支援の仕事を失う何千人もの勤勉なLIUNAメンバーを侮辱し、失望させている!」

スポンサーリンク

浅はかで短慮だった組合、後悔先に立たずとはこのこと

「この100%の組合プロジェクトを阻止し、環境過激派に蹂躙することで、1,000の組合の仕事はすぐに消え、10,000の追加の仕事は放棄されるでしょう。」

これは、LIUNAが2020年にバイデンを「上に」押し上げることについて自慢した後です。

非常に多くのアメリカ人と世界中の人々の希望と楽観主義に満ちた歴史的な日に、何万人もの労働者が彼らの将来がどうなるのか疑問に思っています。40万人のアメリカ人の命を奪い、数千万人以上の経済安全保障と生活水準に大混乱をもたらしたパンデミックの真っ只中で、私たちは皆、彼らの立場に立ち、この政府の行動が引き起こした不確実性と不安を認めなければなりません。 」

バイデンを支持した組合は、バイデンが労働組合ではなく過激な民主党員のために働いていることを発見している。(thegatewaypundit)

"Insulting"- Labor Unions That Endorsed Biden Now Lashing Out At Him
Joe Biden has already made labor unions regret their support for him. He’s only been in office three days. From Bizpacreview: Several unions that eagerly endors...続きを読む
スポンサーリンク

Twitterの声

「バイデンが嘘をついたことは知っている!今PA労働者は彼らの投票を後悔するだろう。共和党は選挙詐欺に対してもっと激しく戦うべきだった!トランプ大統領#AmericaFirstのための正しい方針だった」

 

「バイデンの有権者はすでに投票を後悔している」

「民主党員はバイデンに投票するという彼らの決定を後悔するようになるだろう」

スポンサーリンク

参考記事

http://totalnewsjp.com/2021/01/22/texas/

タイトルとURLをコピーしました