社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ドミニオン社、ジュリアーニ弁護士を名誉毀損で13億ドルの訴訟を起こす/ジュリアーニ氏「これで彼らの不正を調査できる」/リンウッド弁護士「ドミニオンは罠にかかった」

政治
スポンサーリンク

ジャストイン:ルディ・ジュリアーニが13億ドルのドミニオン訴訟に対応

 Dominion Voting Systemsは、トランプ大統領の個人弁護士であるジュリアーニに対して名誉毀損で13億ドルの訴訟を起こしました。選挙技術会社は、ジュリアーニがポッドキャストやテレビ出演で不正選挙について「大きな嘘」を押し付けたとして非難している。

「ジュリアーニと彼の同盟国が意図したように、人々がツイート、リツイート、そしてドミニオンが投票を盗んだことを激怒したとき、大きな嘘はソーシャルメディアで話題になりました。いくつかの嘘(小さな嘘)がソーシャルメディアで燃え上がり、次のニュースサイクルで死ぬが、大きな嘘は異なっていた」とドミニオンの弁護士は月曜日の朝にDC地方裁判所に提起された訴訟で書いた。(wabcradio)

スポンサーリンク

ジュリアーニ弁護士は声明発表「これで不正を調査できる」

WABCラジオのホストでもあるジュリアーニは、次の声明を発表しました。

「ドミニオンの13億ドルの名誉毀損訴訟により、私は彼らの歴史、財政、慣行を完全かつ完全に調査することができます。求められている金額は、明らかに、心の弱い人々を怖がらせることを目的としています。言論の自由の行使を一掃し検閲することは、憎しみに満ちた左翼による脅迫のもう一つの行為であり、弁護士がクライアントを積極的に擁護する能力でもあります。そのため、これらの憲法上の権利を侵害したとして、彼らに対する反訴を調査します」–ルディ・ジュリアーニ(wabcradio)

JUST IN: Rudy Giuliani responds to .3B Dominion lawsuit
Former Mayor of New York City Rudy Giuliani addresses delegates on the opening day of the Republican National Convention at the Quicken Loans Arena in Cleveland...続きを読む
スポンサーリンク

パウエル弁護士もドミニオン社に名誉毀損で13億ドルの訴訟を起こされている

2020年米大統領選でトランプ陣営の代理人を務めたシドニー・パウエル弁護士を相手取り、投票機メーカーのドミニオン・ボーティング・システムズが名誉毀損(きそん)の訴訟をワシントンの連邦裁判所に提起した。8日に提出した訴状によれば、ドミニオンはパウエル氏に13億ドル(約1350億円)の賠償を求めている。

元トランプ陣営弁護士、名誉毀損で投票機メーカーが提訴-陰謀論被害
2020年米大統領選でトランプ陣営の代理人を務めたシドニー・パウエル弁護士を相手取り、投票機メーカーのドミニオン・ボーティング・システムズが名誉毀損(きそん)の訴訟をワシントンの連邦裁判所に提起した。バイデン氏に有利になるよう票がすり替えられた、あるいはイランと中国がドミニオンの投票機に侵入したといった陰謀論を多用し、...続きを読む
スポンサーリンク

リンウッド弁護士「ドミニオンは自らを罠にかけた」

ドミニオンがシドニー・パウエルを名誉毀損で訴え、ドミニオンの投票機と2020年の選挙についての彼女の発言が誤りであると主張したという報告を聞いた。
ワオ。これは面白いはずです。ドミニオンは自分自身を罠にかけた可能性がある。名誉毀損の法則の下で、ドミニオンは虚偽を立証する責任を負っている。つまり、ドミニオンは、選挙とその機械に関して何も悪いことをしなかったことを許容証拠によって証明しならないからだ。

 

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました