社会の話題と反応を発信していくネットメディア

連邦地裁がParlerの訴え棄却/Amazonはparlerの遮断継続へ

政治
スポンサーリンク

Amazon、新興SNSの遮断継続へ 連邦地裁が訴え棄却

米連邦地裁は米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の主張を受け入れ、サービス提供の停止が続く見通しになった。
パーラーはホスティングサービスの提供停止を一時的に差し止めることを求めていたが、ワシントン州の連邦地裁が却下した。AWSの対応は反トラスト法(独占禁止法)に抵触するといったパーラーの主張に対し、連邦地裁は提出した証拠が不十分などと判断した。

スポンサーリンク

一時差し止めは認めないものの、裁判そのものは継続する。

AWSに加えて米アップルや米グーグルもアプリ配信サービスからパーラーを排除し、一部の巨大IT(情報技術)企業による「言論の自由」の制限が賛否両論を呼んだ。パーラーはAWSに取引再開を求める一方、他の企業から技術の提供を受けることを模索しているもようだ。17日までにウェブサイトを一部復旧させ、「間もなく使えるようにする」と説明している。

Amazon、新興SNSの遮断継続へ 連邦地裁が訴え棄却
【シリコンバレー=奥平和行】米連邦地裁は21日、米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)に取引の一時的な再開を求めていた新興SNS(交流サイト)運営企業、米パーラーの訴えを棄却した。トランプ前大統領の支持者らが利用していたパーラーのサービスはAWSによる取引停止が引き金となり、11日から利用できない状態が続いていた。パー...続きを読む
スポンサーリンク

ParlerはAmazonに1月10日の午後11時59分からサーバーをシャットダウンされていた

シャットダウンは、1月10日日曜日の午後11時59分PSTに発効します。

ビッグテックはまた、記録的なペースでトランプの支持者と同盟国を禁止しています。彼らはあなたが沈黙することを望んでいます。

 

スポンサーリンク

ParlerCEO「プラットフォームは1月末までに復活」

パーラーのCEO、ジョン・メイツ氏によると、プラットフォームが解除されたソーシャルメディアウェブサイトのパーラーは、違反の疑いでアマゾンウェブサービス(AWS)がサイトを削除した後、オンラインで再登場したため、1月末までに戻ってくる可能性があります。

「月末までに、私たちはバックアップされると確信しています」とマッツは1月17日にフォックスニュースに語った。ウェブサイトはマッツからの短い声明でオンラインに再び現れた。

WHOISの検索によると、ParlerはそのドメインをEpik Webホスティングに登録しているようで、Gabもホストしています。

記事👇

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました