社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ParlerのCEO「プラットフォームは1月末までに復活する」/「言論の自由は不可欠だ」

政治
スポンサーリンク

ParlerCEOの「自信のある」プラットフォームが1月末までに復活

パーラーのCEO、ジョン・メイツ氏によると、プラットフォームが解除されたソーシャルメディアウェブサイトのパーラーは、違反の疑いでアマゾンウェブサービス(AWS)がサイトを削除した後、オンラインで再登場したため、1月末までに戻ってくる可能性があります。

「月末までに、私たちはバックアップされると確信しています」とマッツは1月17日にフォックスニュースに語った。ウェブサイトはマッツからの短い声明でオンラインに再び現れた。

WHOISの検索によると、ParlerはそのドメインをEpik Webホスティングに登録しているようで、Gabもホストしています。

スポンサーリンク

言論の自由は不可欠だ

「特にソーシャルメディアでは、プライバシーが最重要で言論の自由が不可欠であると信じています」と彼は1月16日付けの声明で述べています。。私たちは、私たちの前にあるあらゆる課題を解決し、皆様をお迎えする予定です。私たちは市民の言説を滅ぼさないでしょう!」
メイツ氏は、1月15日にAmazonからParlerのデータを復元できたと語った。これは、プラットフォームを再起動するための重要なステップです。

「これで、Parlerを実際に再構築できます」とメイツ氏は述べています。「それは非常に重要です。」

1月11日、パーラーはアマゾンウェブサービスに対して訴訟を起こし、アマゾンが独占的な慣行に従事していたため、同社はサービスを再開すべきであると述べました。アマゾンは、対応する裁判所の提出書類で、パーラーが暴力やその他の悪質とされるコンテンツの脅威を緩和しないことにより、その利用規約に違反したと述べました。

自身を「言論の自由」ソーシャルメディアウェブサイトと表現しているパーラーは、上院議員や下院議員を含む多くのトランプ支持者やその他の保守派を引き付けた。トランプ氏のツイッター禁止に続いて、ウェブサイトは削除される前にさまざまなアプリストアでナンバーワンのアプリになりました。

スポンサーリンク

ParlerはAmazonに1月10日の午後11時59分からサーバーをシャットダウンされていた

「多くの選択肢があるので、すぐに来る次の計画についての詳細」とMatzeは結論付けました。

禁止は、1月10日日曜日の午後11時59分PSTに発効します。

ビッグテックはまた、記録的なペースでトランプの支持者と同盟国を禁止しています。彼らはあなたが沈黙することを望んでいます。

記事👇

Parler(wikipedia)

2018年に開設されたソーシャル・ネットワーキング・サービスである。アメリカ合衆国のネバダ州ヘンダーソンに拠点を置く。
公式サイトに基づく情報によれば、運営方針について以下のように主張している。

時勢に流されたシャドウバン(shadow-banning)は行わない。

人種、性別、年齢、性的嗜好、宗教、政治、食の選択に関わらず、全てのユーザーは平等に扱われる。
あらゆる宗教の信者も、あるいは非信者も、市民的に語ることを歓迎される。
コンテンツに対してバイアスのかかった取捨選択を行う方針は、ユーザーの怒りを呼び起こし、コミュニティのガイドラインに影響を与えてしまう。中立な視点を持ち、あらゆる非暴力的な意見に耳を傾ける人々を支援する。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました