社会の話題と反応を発信していくネットメディア

狂気の民主党「2回弾劾された大統領」がアーリントン国立墓地に埋葬されることを禁止する法案を導入しようとする

政治
スポンサーリンク

狂気の民主党、トランプ大統領だけを標的にした法案を通そうとする

・2回弾劾裁判にかかった大統領は、アーリントン墓地に埋葬しない、国葬をしない(国費で埋葬しない)、功績を記した碑を建てないという法律を通そうとしている。

・有罪、無罪に関係なく起訴されただけというのは狂気でしかない。(トランプ大統領は2度とも上院で否決され無罪)

スポンサーリンク

下院民主党が作る2回弾劾された大統領がアーリントン墓地に埋葬されることを禁止の法案

ジャストイン:House Dems(下院民主党)は、「2回弾劾された大統領」がアーリントン国立墓地に埋葬されることを禁止する法案を導入しました。

この法案は「憎しみの栄光なし」と呼ばれています

NEW-下院民主党は、現在、ドナルド・トランプ前大統領にのみ適用される動きで、アーリントン国立墓地での埋葬から「2回弾劾された」元大統領を禁止する法案を導入します。

スポンサーリンク

法制484条

TSTセッション
法制484条
特定の国の特定の国の記念日を記念するために連邦資金を使用することを禁止すること。元大統領、その他の目的のために
議員院では
2021年1月25日 サンチェス氏(本人、シャコウスキー氏、ナポリターノ氏、ダニー氏
K. イリノイ州のDAVIS氏、カリフォルニア州のCARSON氏、ESCOBAR氏、LEE氏、BLUMENAUER氏、HAYES氏、GALLEGO氏、ジョージア州のCONNOLLY氏、LOWENTHAL氏、WILLIAMS氏、CHU氏)は、以下の法案を紹介しました。CONNOLLY氏、ジョージアのLOWENTHAL氏、ジョージアのWILLIAMS氏、CHU氏)は、以下の法案を紹介した。この法案は、監督改革委員会、さらに交通・インフラ、自然資源、武装サービス、退役軍人問題の各委員会に付託され、議長が後に決定する期間、それぞれの場合、当該委員会の管轄区域内にある条項を検討するために付託された。

スポンサーリンク

弾劾に敗訴してから民主党は常軌を逸している

じいさんとばあさんが無意味に怒る/梅田は「民主主義は脆弱」、ペロペロBBAは机を叩く
バイデン「民主主義は脆弱だ」

バイデン氏は、1月6日の事件と弾劾裁判の結果は「民主主義は脆弱である」ことを思い出させるものだと述べた。彼はアメリカ人に警戒を怠らず、民主主義が常に守られるようにするよう呼びかけた。

BBAペロシは、上院が前大統領を無罪とした後の記者会見で下院弾劾マネージャーを突然訪問した際に発言した。彼女は弾劾裁判の結果に激怒しているようだった。彼女は何度かテーブルを平手打ちし、「共和党の臆病なグループ」としての有罪判決に反対票を投じた上院議員を批判した。

アーリントン国立墓地(wikipedia)

米国の首都ワシントンD.C.からポトマック川を渡ってすぐのバージニア州アーリントンにあるアメリカ合衆国国立墓地のひとつで、戦没者慰霊施設である。
1864年に、南北戦争の戦没者のための墓地として、南軍のロバート・E・リー将軍の住居周辺の土地に築かれた。その後、第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争等の戦没者が祀られ、現在でも戦没者やテロ犠牲者などのアメリカ合衆国のために尽くした人物の墓地が存在する。墓地が築かれたのは1864年であるが、判明した範囲でアメリカ独立戦争の戦没者の墓地も設けられている。
アメリカ合衆国大統領はアメリカ軍(陸海空軍・海兵隊・沿岸警備隊)の最高司令官であるためこの墓地に埋葬される権利があるが、現時点で当墓地内に墓所があるのは、第27代ウィリアム・タフト、第35代ジョン・F・ケネディの2名のみである。

スポンサーリンク

Twitterの声

・「2度のインピーチド(告訴)」だから有罪、無罪は関係なく、トランプを標的にした法案だ
・狂っている
・またペロペロBBAか
・これ完全な事後法だろ
・事後法を作って発動するのは、K国しかないと思っていたが
・この法案が通ったら名実ともにアメリカは法治国家ではなくなるな

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました