社会の話題と反応を発信していくネットメディア

大統領選、ジョージア州は40万票分の法的に必要な選挙過程を記載する公式文書がない

政治
スポンサーリンク

シドニー・パウエル弁護士のテレグラム

スポンサーリンク

選挙管理文書がない

ジョージア州は、2020年の選挙で、主にジョー・バイデンの投票用紙について、法的に義務付けられている40万件を超えるCoC文書をまだ作成していない。しかし、彼らはバイデンが10,000票で選挙に勝ったと主張することに問題はないらしい

数か月前に、ジョージア州が2020年の大統領選挙の結果を認定したと報告たが、選挙での460,000票の管理過程の文書がないにもかかわらず、ジョー・バイデンを大いに支持していることは間違いない。これらの法的に必要な文書は、わずか10,000票のリードでジョーバイデンに選挙を行ったブラッドラフェンス州務長官の腐敗には関係ないのだ。

2020年11月3日の大統領選挙から4か月後、ジョージア州の州および郡当局は、ドロップボックスに預けられた不在者投票用紙を郵送し、郡の登録機関に提出して数えるために、推定404,691票の一連の保管文書を作成できなかった。

3月3日の時点で、ジョージア州の159郡のうち56郡のみが投票用紙転送フォームデータをジョージアスターニュースに提供しています。56の郡の登録者に送付された郵便投票による不在者投票の数は、ドロップボックスに預けられて郡の登録機関に送付され、ジョージア州の2020年大統領選挙で数えられた、推定60万人の不在者投票の合計195,309、つまり32.5パーセントにすぎません。

スポンサーリンク

郵便投票の60万人のうち40万票の管理がされていない

言い換えれば、ドロップボックスに預けられ、郡の登録機関に配達され、ジョージア州の2020年大統領選挙で数えられた、郵便投票による推定60万人の不在者投票の67.5%(推定404,691)の管理過程はありません。

ジョージア州での2020年の大統領選挙の結果は、12,000票未満で決定されたがこれはドロップボックスに預けられ、郡の登録機関に送付された郵便投票による404,000人の不在者投票の約3%だ。

2020年のジョージア州の選挙はなんと冗談でした。ラフェンスパーガーとケンプは選挙結果を証明するために○獄されるべきだ。

UPDATE: Four Months After the 2020 Election in Georgia, Over 400,000 Absentee Ballots are Missing Legally Required Chain of Custody Documentation, Yet Biden Was Given the State by 12,000 Votes
Georgia still hasn’t come up with over 400,000 legally required chain of custody documents for predominantly Joe Biden ballots in the 2020 election.  But they h...続きを読む
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました