社会の話題と反応を発信していくネットメディア

「ワクチ◯が多数の死者を出していることは疑う余地もない」「米国で年間すべてのワクチ◯を合わせても死者数は150人だが、コロナでは21,000人以上が死亡している」疫学者ピーター・マッカロー博士

コロナ

ワクチ◯が多数の死者を出していることは疑う余地もない」。ピーター・マッカロー博士

2022年4月4日

パンデミックには必然的に死がつきまとい、2019年末に武漢研究所から逃げ出したファウチ資金による遺伝子組み換えウイルスのおかげで、この2年間は特に多くなっている。

国民の大半が強制的にジャブを打たされたワクチの大量展開にもかかわらず、米国では「治療薬」が導入されてから1年以上経っても過剰死亡が過去最高を記録し、その数字は悪化し続けている–特に若い米国人に。

コロナ自体の死亡数は底をついているのにだ。

では、どうなっているのだろうか。大多数の人が予防接種を受け、ウイルスの回復率は99.95-99.99%であり、ファウチ自身も先月、我々はパンデミックの段階から脱しつつあると述べているのです。では、どうなのか?

その答えは明白で、実験的なワクチ接種の実施と完全に一致している死亡の急増が原因である

「ワクチンが多数の死亡を引き起こしていることは疑いの余地がありません」とマッカローは最近の’On a Mission Podcast’のインタビューの中で宣言している。

疫学者でもあるマッカロは、根拠のない荒唐無稽な主張をぶちまけるだけではない。彼は、この衝撃的な結論の背後にある理由を、ワクチンと現在の過剰死亡の波との関連性を示すために、「ブラッドフォード・ヒルの因果関係のテネット」を通じて説明したのである。

ブラッドフォード・ヒルの原則は、因果関係を評価する際の基準として広く知られている。

ウィキペディアによれば、「推定される原因と観察される結果との間の因果関係の疫学的証拠を確立するのに有用な9つの原則のグループ」と定義され、公衆衛生研究において定期的に使用されている。

年間21,000人以上

私は疫学者です。そして、人々は私に尋ねました:「マッカロー博士、ワクチ◯は実際に死を引き起こしているのですか?

私たちが通過しなければならない疫学的構成は、『ブラッドフォード・ヒルの因果関係のテネット』と呼ばれるものです。ですから、最初の質問は、『それは大きな疫学的シグナルなのか』ということです。

そして、私はあなたに言います-それは天文学的な数字です。米国で年間行われるすべてのワクチ◯を合わせても、死亡者数は150人を超えず、時間的な関連もありません。

コロナ・ワクチ◯では21,000人以上が死亡しているのです。ですから、明らかに大きなシグナルです。

その2:「危険な作用機序があるのか?答えはイエスです。ワクチ◯には危険な作用機序があることが分かっています – スパイクプロティンの産生を促すのです。スパイク蛋白は呼吸器感染症を致死させるものであり、ワクチ◯接種後に脆弱な人がスパイク蛋白を過剰に産生すれば致死させることになるのです。

スポンサーリンク


3つ目の基準。「内部的に矛盾がないか?現在、それ自体が致命的となる可能性があると認められている他の病態はあるか』。そして、その答えは確かなものである。心筋炎については、FDAは、-規制当局の専門家全員が-ワクチ○が心筋炎を引き起こすことに同意しています。心筋炎は致命的なのでしょうか?はい。致死的な症例が発表されたことがあるのですか?心筋炎に関するピアレビューされた論文は200以上あります

ワクチ○による血栓症、血栓、脳卒中、高血圧、心筋感染など、様々な致死的な症候群があります。コロナワクチンに関する)致命的および非致死的な結果について発表されたピアレビューは1,000件以上にのぼります。つまり、その結晶は満たされているのです。内部的に一貫しているのです。

ワクチ◯が大量の死亡を引き起こしていることは疑いの余地がありません」とマッカローは結論付けているのです。「私は疫学者の資格を持っています。私は疫学者の端くれです。ワクチ◯は大量の死を引き起こしていると言っているのです」と、強調して繰り返した。

マッカローが以前警告したように、このワクチ◯による被害は今後何年も続くでしょう。このワクチ○を推進した人々は犯罪者であり、この悪の責任を取らされる必要があります。(thegatewaypundit)

参考記事

【動画あり】上海ロックダウンの悲惨:反抗する者は蹴られる/「このままでは中国政府に殺される」PCR検査に長蛇の列。極端な食料不足でデモ。脱出しようとすると殴打され、頭を刈り上げられる
「このままでは中国政府に殺される」自宅に軟禁された上海市民2600万人のSNSには書けない叫び 西部に住む独身の男性は「ロックダウンの発表後、急いでスーパーに行ったのですが、商品があまりにも少なくて...続きを読む
動画あり:左派のダブスタ/ワシントンDCの学校で子供たちがマスクを強制される中、カマラ・ハリスがノーマスクで大批判を浴びる
カマラ・ハリスはノーマスク 2022年4月5日 ワシントンDCの学校で子供たちが顔を覆うものを強制される中、副大統領と学校長がノーマスクになっている衝撃的な画像。 カマラ・ハリス副大統領...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました