社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ポソビック氏が令状入手:ガーランドはトランプ大統領が任命から退任までの、任期4年の間の文字通りあらゆる記録の押収を要求、罪になるようなものを「探そうと」していた

事件

HUMAN EVENTS独占公開:マー・ア・ラ

ジャック・ポソビック氏が令状と財産受領書をスクープ。それによれば、ガーランド司法長官は、トランプ大統領が任命されてから退任するまでの、任期4年の間に見た、読んだ、作成した、文字通りあらゆる記録の押収を要求している。

これを持ってしても、「何かの疑いがあって捜査した」のではなく、あらゆる文書を捜査し、「その中から違法性のあるものを見つけようとしていた」ということがわかる。

なんでもいいから、罪になるようなものを見つけようとしていたのだ。これが堕落した下劣な民主党の所業。これを許せば、アメリカは真の第三世界のバナナ共和国になる。

バイデン司法省が記録の持ち出しや破棄、捜査妨害、スパイ防止法違反でトランプを捜査していることが令状でわかる。

マール・ア・ラゴ襲撃の令状と財産の領収書

2022年8月12日 Human Eventsは、トランプ前大統領のマール・ア・ラゴ邸を捜索するために提出された捜索令状の写しを入手した。その令状はフロリダ州南部地区の米国連邦地方裁判所に提出され、敷地と捜索に関する情報が詳細に記されている。

令状には、”捜索される場所には、「45th大統領オフィス」、すべての保管室、および前大統領とそのスタッフが使用する、または使用できる敷地内の他のすべての部屋またはエリア、箱や文書が保管できる、敷地内のすべての構造または建物を含む “など、住所や捜索される場所について詳しく説明されている。

この令状には、マー・ア・ラゴ・クラブの会員が使用している敷地内の一部、つまりレンタルを捜索するという呼びかけは含まれていない。

さらに、「押収される財産」には、「証拠、禁制品、犯罪の成果、その他法規範に違反して違法に所持されたものを構成するすべての物理的文書および記録」を含むと書かれている。

「分類記号の付いたあらゆる物理的な文書、およびその文書が入っている容器/箱(その他の内容物を含む)、ならびに前述の文書および容器/箱と一緒に保管または発見されたその他の容器/箱。

「国防情報または機密資料の検索、保管または伝送に関するあらゆる形式の通信を含む情報。

フェデラリスト誌CEO、シーン・デービス氏

FBIの家宅捜索文書の「添付書類B」で、ガーランドは、トランプが大統領の任期4年の間に見た、読んだ、作成した、文字通りあらゆる記録の押収を要求している。”2017年1月20日から2021年1月20日の間に作成されたあらゆる政府記録および/または大統領記録”。

トランプ大統領が声明発表「核兵器問題はデマだ」「そもそもすべては機密解除されていた」「そんなことよりオバマが持ち出した3300万ページの文書を捜査しろ」
トランプ大統領が声明発表「核兵器問題はデマだ」 核兵器問題はデマだ。ロシア、ロシア、ロシアがデマであるように、2つの弾劾はデマであり、ミュラー調査はデマであり、その他にも多くのことがある。 同...続きを読む

「トランプ氏が就任した2017年1月20日から任期終了までの間に作成された政府記録および/または大統領記録」。

さらに、令状は、”政府および/または大統領記録、または分類マークが付いた文書の故意の改ざん、破壊、隠蔽の証拠 “の押収を要求している。

数十箱の財産の領収書が続いており、その領収書は8月8日午後6時19分にトランプ弁護士のクリスティーナ・ボブによって署名されている。

財産のレシートには、ロジャー・ストーンに対する “恩赦”、フランスのマクロン大統領に関する情報、さらに “様々な機密文書/TS/SCI文書 “が含まれています。”雑多な機密文書 “や “雑多な最高機密文書 “と共に、多くの写真のバインダーが押収された。

捜査令状の理由は公開されておらず、書類の一部として正当な理由が記されていない。

令状には、連邦捜査官が追及している法令、合衆国法典793条、2071条、1519条が詳細に記されている。793条は、「防衛情報の収集、送信、喪失」、特に国防情報に関して犯した犯罪を指す。違反した場合の罰則は、罰金および/または10年以下の禁固刑である。

文書の「隠匿、除去、切除」は第2071条で規定されており、「故意かつ不法に隠匿、除去、切除、抹消、もしくは破壊する者、またはそうしようとする者、またはその意図をもって記録、手続、地図、書籍、紙、書類、文書を持ち去ったり持ち去ったりする者」が対象である。は、本号に基づき罰金されるか、3 年以下の懲役に処せ られるか、またはその両方を科されるものとする」

さらに、第2071条には、そのような文書を保管している者が、「故意に不法に隠蔽、除去、切除、抹消、偽造、または破壊した場合は、この表題に基づく罰金、3年以下の懲役、またはその両方、およびその職を失い、米国のいかなる役職にも就く資格がないものとする」、と書かれている。

第1519条は、「米国省庁の管轄内の問題、あるいは第11条に基づき提出された事件の調査や適切な運営を妨げ、妨害し、影響を及ぼす意図で、あるいはそのような問題や事件に関連し、あるいはそのことを考えて、故意に記録、文書、有形物を改ざん、破壊、切除、隠蔽、偽造、あるいは虚偽の記入を行った者は、このタイトルに基づき罰金を科される、20年以下の懲役、またはその両方となる」、と述べている。

EXCLUSIVE: Warrant and Property Receipt from Mar-a-Lago Raid
The warrant details the address and locations to be searched, including that 'The locations to be searched include the ‘45 Office...'

参考記事

トランプ大統領、捜査令状の文書公開を求める声明発表「法執行機関の政治的武器化は不適切で、非倫理的だ。私たちの国が新たな低レベルに落ちるのを、世界中が見ている!」
トランプ大統領、マー・ア・ラゴ捜査令状の文書公開を求める声明を発表 2022年8月11日 トランプ大統領は木曜日の夜遅く、月曜日のマー・ア・ラゴに対するFBIの家宅捜索に関わる「文書」の公開を...続きを読む
高市大臣、政調会長離任後、初ツイート「宗教法人法改選案」の概要をまとめたのに、離任になったことが心残り。最後は冗談も/ネットは慰労の声
高市大臣、政調会長離任後、初のツイート 「宗教法人法改選案」の概要を纏めたのに、離任になったことが心残り 高市大臣、政調会長離任後、初のツイート クーラーが壊れていたのに、離任2...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました