社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ大統領「アルテミス打ち上げは、NASAと事実上「死んでいた」宇宙計画を刷新したトランプ政権の看板政策だ。フェイクニュースはそれを伝えてくれるだろう/月面に再び人を届ける「アルテミス」今夜打ち上げ

一般

NASAの有人月面探査「アルテミス」計画、始動

 アルテミス計画では、アポロ(Apollo)月面探査が最後に実施された1972年以降で初めて、人を運べるカプセル型宇宙船を月に送り込む。

最初のミッション、アルテミス1号は無人の試験飛行で、特に注目されるのは、新しい大型ロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」の初打ち上げだ。SLSは、世界最強のロケットとなる。

SLSは、カプセル型有人宇宙船「オリオン(Orion)」を月の周回軌道に投入する予定。オリオンは宇宙空間に42日間滞在した後、地球に帰還する。

2024年からは、宇宙飛行士が実際にオリオンに搭乗する予定で、早ければその翌年には米国人飛行士が再び月面に降り立つ見込みだ。

NASAの有人月面探査「アルテミス」計画、始動 - DG Lab Haus
【AFP=時事】米航空宇宙局(NASA)の有人月面探査計画「アルテミス(Artemis)」の第一弾として実施される無人試験飛行「アルテミス1(Artemis 1)」ミッションの打ち上げが、今月末に予定されている。  アル...

月面に再び人を届ける「アルテミス計画」。無人試験飛行ミッションが今夜開始

8/29(月)

米NASAは、月面着陸や探査を目指す「アルテミス計画(Artemis missions)」の第1弾となる「Artemis I」を29日(米国時間)より開始すると発表した。ロケットの打ち上げウィンドウは8時33分(日本時間の29日21時33分)。

アルテミス計画は、アポロ計画に続く有人宇宙飛行による月面着陸/探査計画。女性および有色人種の飛行士による史上初の月面着陸実現などを目指している。

 今回のArtemis Iは、Orion宇宙船、SLS(Space Launch System)ロケット、地上システムを含めた深宇宙探査の統合試験で、打ち上げ後、無人飛行にて月周回軌道を航行したのち、地球への帰還および回収を行なう。

帰還する際の再突入時の熱シールドの実証実験や、ミッションの全フェーズにおける各種運用やシステムの検証、着水後の回収などを主要な目的とし、ミッション所要時間は42日と3時間20分、ミッション距離は約210万kmを予定している。

月面に再び人を届ける「アルテミス計画」。無人試験飛行ミッションが今夜開始(Impress Watch) - Yahoo!ニュース
 米NASAは、月面着陸や探査を目指す「アルテミス計画(Artemis missions)」の第1弾となる「Artemis I」を29日(米国時間)より開始すると発表した。ロケットの打ち上げウィンド

ライブ: NASA のアルテミス月面ミッションの打ち上げ準備完了

ドナルド・J・トランプ大統領

月への帰還の第一歩である明日のアルテミス打ち上げは、私たちがNASAと事実上「死んでいた」宇宙計画を完全に刷新した、トランプ政権の看板政策であると自負している。

きっとフェイクニュースは、私たちが行った素晴らしい仕事をみんなに説明してくれることだろうな。

参考記事

「踊るヒラリー」がトレンド/ヒラリーが、ダンスに興じていたフィンランド首相の擁護に回り炎上/ネット「ベンガジと機密メール削除とロシア疑惑の説明をしてからにしろ!」
ダンスを踊るヒラリー・クリントンは、フィンランドの首相を手放したことで擁護する 踊るヒラリー・クリントンがフィンランド首相の擁護に回る 28/08/2022 ヒラリー...続きを読む
【動画あり】バイデン、赤っ恥/集会で「お前は選挙を盗んだんだ!お前は小児性◯者だ!」と罵倒されてしまう
ジョー・バイデンをペドフィ◯ア(小児性◯者)と罵倒されてしまう 2022年8月27日 ジョー・バイデンは何ヶ月もアメリカ国民から隠れていたのに、ついに公の場で集会を開いた。 数週間のCO...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました