社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ政権が残した功績、第4弾/バイデン、フラッキングを禁止せず

政治
スポンサーリンク

バイデン、フラッキングを禁止せず

バイデン大統領:「はっきりさせておきますが、これは常に起こることです。水圧破砕を禁止するつもりはありません。」

スポンサーリンク

禁止するつもりはないと明言

「私たちは水圧破砕を禁止するつもりはありません」–バイデンは気候変動プレッサーを通してつぶやき、より多くの大統領命令に署名します
ジョー・バイデンは水曜日にホワイトハウスから「気候変動」プレッサーを通してつぶやいた。

バイデンは就任以来エネルギー戦争を繰り広げた後、現在、彼の政権は水圧破砕を禁止するつもりはないと主張している。

「はっきりさせておきますが、これは常に発生します。水圧破砕を禁止するつもりはありません」とバイデン氏は述べています。(thegatewaypundit)

https://www.thegatewaypundit.com/2021/01/not-going-ban-fracking-biden-mumbles-climate-change-presser-signs-executive-orders-calls-lid-video/
スポンサーリンク

バイデンは選挙時には、フラッキングを禁止と発表していた

ジョー・バイデン前副大統領は、連邦政府が管理する土地のフラッキングを中止する限定的なフラッキングの禁止措置を求めている。バイデン陣営と支持者はそれが、温室効果ガス排出の源とされる化石燃料の生産と消費を減らすための重要な漸進的措置だと考えている。(wsj)

米大統領選のフラッキング論争、早わかりQ&A
 米副大統領候補の討論会でも議論が交わされたフラッキング問題。この気候変動を巡る大統領選での論争について、知っておくべき事柄を解説する。
スポンサーリンク

米石油協会はバイデンがフラッキングを制限するなら訴訟と発表

米石油協会、バイデン氏がフラッキング制限なら訴訟も。米石油協会(API)は23日、大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領が連邦公有地で石油・ガス開発を制限すれば、訴訟など「あらゆる手段」を講じる方針を示した。(ロイター)

米石油協会、バイデン氏がフラッキング制限なら訴訟も
米石油協会(API)は23日、大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領が連邦公有地で石油・ガス開発を制限すれば、訴訟など「あらゆる手段」を講じる方針を示した。
スポンサーリンク

フラッキングとは

フラッキングとは、泥質岩の一種である頁岩(けつがん、英語でシェール)の層から石油・天然ガスを抽出する技術。ある種のフラッキングは過去数十年にわたって利用されてきたが、現在ではフラッキングという言葉は主に、「水平掘削型の水圧破砕法」と呼ばれる特殊な技術のことを指している。
掘削の拡大により、開発に慣れていない地域社会にしばしば摩擦が生じている。野生生物の生息地や水質が危険にさらされているほか、世界は気候変動を生じさせる温室効果ガスの排出量を削減できるのかという疑問が生じている。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました