社会の話題と反応を発信していくネットメディア

第2報 民主党国家情報長官「ラトクリフレポートと逆のレポートを発表」、「露がバイデン不利に工作・票集計等に外国干渉はない」→トランプ政権時ラトクリフは露、中がトランプ側不利の工作をしたと述べていた

政治

機密解除された国家情報長官レポートによると

1.外国の行為者が、2020年の米国選挙において、有権者登録、投票、票の集計、結果の報告など、投票プロセスの技術的な側面を変更しようとした兆候はないと判断
2.ロシアのプーチン大統領が、バイデン大統領の立候補と民主党を誹謗中傷し、トランプ前大統領を支持し、選挙プロセスに対する国民の信頼を損ない、米国の社会的政治的分裂を悪化させることを目的とした影響力工作を許可し、様々なロシア政府組織が実施した
3.ロシアに加えて、イランや他の国々も選挙を左右しようとした。中国は自国の努力を検討したが、最終的には失敗し、おそらく裏目に出たと結論付けた、と諜報当局は結論付けた。

・ハンターバイデンの話はロシアの工作で増幅されたもの

米国の諜報活動によると、ハンター・バイデンに関する話は、2020年の選挙サイクルを通じてロシアによって「大幅に増幅」されたという。

スポンサーリンク

大統領選に影響を与えたようとしたのはロシアとイラン。中国はしなかった

ジャストイン-伝えられるところによると、中国は2020年の米国大統領選挙に影響を与えようとしなかった、ロシア/イランは影響を与えた。機密解除されたとアメリカ合衆国国家情報長官インテリジェンス評価レポート。

スポンサーリンク

有権者登録、投票、票集計に問題はない

重要な判断1:外国の行為者が、2020年の米国選挙において、有権者登録、投票、票の集計、結果の報告など、投票プロセスの技術的な側面を変更しようとした兆候はないと判断しています。我々は、外国の行為者が、その行為者自身に対する情報収集、全国の投票システム周辺の物理的およびサイバーセキュリティの監視、あるいは選挙後の監査によって発見されることなく、大規模に選挙プロセスを操作することは困難であると評価しています。

ICは、選挙日前に州政府および地方自治体のネットワークへの侵入に成功した例を確認しましたが、選挙プロセスの変更を目的としたものではないと判断し、失敗した例の方が多いとしています。イランやロシアなどの一部の外国企業は、選挙のプロセスや結果に対する国民の信頼を損なうために、投票システムへの不正侵入の疑いについて、虚偽または誇張した主張を広めました。

スポンサーリンク

ロシアのプーチン大統領が、バイデン大統領の立候補と民主党を誹謗中傷し、トランプ前大統領を支持した

重要な判断2:我々は、ロシアのプーチン大統領が、バイデン大統領の立候補と民主党を誹謗中傷し、トランプ前大統領を支持し、選挙プロセスに対する国民の信頼を損ない、米国の社会的政治的分裂を悪化させることを目的とした影響力工作を許可し、様々なロシア政府組織が実施したと評価している。2016年とは異なり、選挙インフラへのアクセスを目的としたロシアの持続的なサイバー活動は見られませんでした。

我々の評価には高い自信があります。クレムリンの利益に貢献するロシアの国家機関や代理機関が、一貫して米国の国民の認識に影響を与えるために活動したのです。今回の選挙期間中のモスクワの戦略の重要な要素は、ロシア情報機関に関連するプロキシを使って、バイデン大統領に対する誤解を招くような、あるいは根拠のない疑惑を含む影響力のあるナラティブを、米国のメディア機関、米国政府関係者、そしてトランプ前大統領とその政権に近い人物を含む米国の著名人に押し付けたことです。

スポンサーリンク

プーチンがトランプ大統領の側近に影響を与えるような秘密工作をした

ワシントン—ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、機密解除された情報によると、ドナルド・J・トランプ大統領の近くの人々に影響を与えるための秘密作戦を開始することを含め、昨年の選挙中にジョセフ・R・バイデン・ジュニアの立候補を傷つけるための広範な努力を承認した火曜日に発表されたレポート。

報告書はそれらの人々を指名しなかったが、トランプ氏の元個人弁護士ルドルフ・W・ジュリアーニの仕事に言及しているようであり、彼はウクライナを含むバイデン氏と彼の家族について汚職の告発を執拗に推し進めた。

スポンサーリンク

ロシア国家が米国民の認識に影響を与えるように働いた

「すべてクレムリンの利益に奉仕するロシアの国家と代理人は、米国の国民の認識に影響を与えるように働いた」と報告書は述べた。

機密解除されたレポートは、2020年の投票に影響を与えるための外国の取り組みに関する最も包括的な諜報活動を表しています。報告書によると、ロシアに加えて、イランや他の国々も選挙を左右しようとした。中国は自国の努力を検討したが、最終的には失敗し、おそらく裏目に出ると結論付けた、と諜報当局は結論付けた。(NYT)

Russian Interference in 2020 Included Influencing Trump Associates, Report Says
The assessment was the intelligence community’s most comprehensive look at foreign efforts to interfere in the election.

レポート全文👉Report

スポンサーリンク

トランプ政権時にラトクリフ国家情報長官はCBSに「今年の11月に中国、イラン、ロシアによる外国の選挙干渉があった」と語っている

DNIラトクリフは『17の諜報機関を率いており、米国政府が保有する最も機密性の高い情報にアクセスできます。そして彼はCBSニュースに今年の11月に中国、イラン、ロシアによる外国の干渉があった』と語った。

タイトルとURLをコピーしました