社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ:本当の反乱は選挙の日にあった… 1月6日は抗議だったのだ/1月6日、不◯選挙に対する怒りの抗議行動が起こると知って、国家警備隊員の派遣を提案したが、ペロシは断ったのだ

事件
スポンサーリンク

トランプ:本当の反乱は選挙の日にあった… 1月6日は抗議だった

スポンサーリンク

トランプ。本当の暴動は選挙の日にあった…。1月6日は抗議行動だった

01 December 2021 – 19:16

2021年1月6日、ワシントンで開催されたトランプの集会に参加していた抗議者たちが、2020年の大統領選挙の結果に憤慨して国会議事堂に降り立ち、警察官1名を含む6名が死亡した。

彼らは、トランプ氏が多くの重要な州で不◯な投票が行われたと主張したため、ドナルド・トランプ大統領がジョー・バイデン氏に敗北したことは正当ではないと考えました。

集会でトランプ氏は、「ここにいる皆さんは、まもなく国会議事堂に向かって行進し、平和的かつ愛国的に皆さんの声を届けることになると思います」と述べた。

我々は決してあきらめず、決して譲歩せず、そんなことはない。窃盗が絡んでいるのに譲歩してはいけない。

スポンサーリンク

暴動が起きたのは11月3日、つまり選挙の日でした

ドナルド・トランプ元大統領

GBニュースの司会者であるナイジェル・ファラージ氏から、「あの日にあの集会を開いたのは間違いだったのではないか」と問われたトランプ氏は、「暴動が起きたのは11月3日、それは選挙の日であり、その前後も含めて私にとっては暴動であり、1月6日は抗議行動だった」と述べた。

第45代大統領はさらに続けた。「私は非常に大きな観衆の前で話したことがある。あんなに大勢の人の前で話をしたことはないし、誰もそんな話はしない。

そして、残念ながら非常に悪いことが起こったのだ。

「それに加えて、私は1万人を提供し、1万人の国家警備隊員…あるいは軍隊を提案した。なぜなら、大規模な群衆が集まることを知っていたからです。選挙が不◯に行われたことに対する怒りを知っていたし、誰よりもそれを理解していた。

スポンサーリンク

ペロシたちはセキュリティーを確保することを断った。

「そして、ペロシとこの人たちはそれを断ったのだ。莫大なセキュリティを確保できたはずなのに、彼らはそれを断ったのだ」

今年の7月、AP通信は、ナンシー・ペロシ氏のスポークスマンが、国会議事堂の暴動の日にペロシ氏が追加の警備を拒否したという主張に異議を唱えるために連絡してきたと報じた。

ペロシ氏のスポークスマンであるドリュー・ハミル氏は、「1月6日、暗殺未遂の標的となった議長は、ミッチ・マコーネル氏と同様に議事堂の警備を担当していませんでした。これは、1月6日に起きたことを白紙に戻し、責任を転嫁しようとする明らかな試みです」と述べています。

Trump: The REAL insurrection was on Election day... the 6th of January was a protest
Former President Donald Trump addresses the 6th of January Capitol riots, describing them as a 'protest'
スポンサーリンク

参考記事

【彭帥さん事件】女子テニス協会、政府関係者の疑惑を受けて中国で開催されるすべてのトーナメントを中止すると発表(wsj)
WTA、中国でのすべてのトーナメントを中止する 女子テニス協会は、元政府高官に対する性的暴行の申し立てが、彭帥氏のソーシャルメディアアカウントに掲載されたことを受け、プレーヤーの彭帥氏の安全性への懸念のため、中国でのすべてのトーナメントを...続きを読む

http://totalnewsjp.com/2021/12/02/biden-469/
1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました