社会の話題と反応を発信していくネットメディア

NEW!:【左派メディア、ハンターのラップトップをついに認める】ハンター・バイデンの悪名高いノートPCを、ニューヨーク・タイムズが認める/NYT「FBIはPCから復元されたハンターのメールを調査している」

事件

ハンター・バイデン氏の悪名高いノートPCをニューヨーク・タイムズ紙が認める

2022年3月17日

2020年10月、The Postは、2019年4月にデラウェア州の修理工場に捨てたハンター・バイデンのラップトップの中身を独占的に報じた。

ノートパソコンのハードディスクには、ハンター・バイデン氏とその家族、ビジネス関係者の間で交わされた電子メール、テキストメッセージ、写真、財務文書が大量に保存されており、大統領の息子が海外のビジネス取引でいかに政治的レバレッジを行使したかが詳細に記されていたのである。

(メディアはずっと無視し続けてきた👇)

修理工場のオーナーはラップトップをFBIに報告し、FBIはデバイスとそのハードディスクを押収した。

スポンサーリンク


ハンター・バイデンに関する調査の一環として、連邦検察はノートパソコンから復元された長男と彼の元ビジネスアソシエイトとの間の電子メールを調査したとニューヨーク・タイムズ紙は報じている。

精査された文通の中には、ウクライナのエネルギー企業ブリスマの役員を長男と共に務めたデボン・アーチャーとの間のものもあったとのことだ。

先月、無関係の詐欺事件で判決を受けたアーチャーは、ハンター・バイデンに対する捜査で、FBIに「完全に協力」していると、ポスト紙は報じている。

スポンサーリンク


ニューヨーク・タイムズ紙によると、ハンター・バイデン氏とアーチャー氏らの国際的な事業活動に関する電子メールは、同誌が入手した “バイデン氏がデラウェア州の修理工場に放置したノートパソコンから出てきたとみられる “ファイルから得られたものだという。

ラップトップの確認は、ハンター・バイデンが100万ドル以上の納税義務をどのように果たしたかを明らかにしたタイムズ紙のレポートに含まれている – 彼はIRSを欺いたとして調査を受けていると発表した1年後に。

ハンター・バイデンは父親が副大統領だった頃から納税を怠ったとして調査を受けていたが、2018年に調査の幅を広げ、彼の国際的なビジネス取引がバイデン大統領の政治キャリアとどう交差しているかを調べている。(NYP)

バイデンとウクライナ(ブリスマ疑惑):トランプジュニアのツイート(2021.4.8)

ハンター・バイデンが当時の副大統領バイデンと一緒に、ブリスマのパートナーであるデボン・アーチャーと会議をしていたことがEメールで明らかになった

この会議のわずか数日後、ジョー・バイデン副大統領(当時)がウクライナを訪問し、ハンターとアーチャーの2人は、経験のないエネルギー会社ブリズマから多額の小切手を受け取るようになる。

参考記事

ラトクリフ元国家情報長官「ハンター・バイデンのラップトップはロシアの偽情報などではない、本人のものと法的機関は認識している」
ラトクリフ元国家情報長官「ハンター・バイデンのラップトップは、本人のものだと法的機関は知っている」と述べた トランプ政権時代の元国家情報長官のジョン・ラトクリフは、法執行機関はそれが本当...続きを読む
ハンター・バイデンの元同僚のボブリンスキー"中国の大手企業との取引に関わっていた大物 "がジョー・バイデンであることは「疑いの余地はない」
内部告発者のボブリンスキー"大物 "がジョー・バイデンであることは「疑いの余地はない」 ハンター・バイデンの元同僚だというボブリンスキーは、"大物 "がジョー・バイデンであることは「疑いの余地はない...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました