社会の話題と反応を発信していくネットメディア

ツイッターファイル第4弾!/トランプ大統領を凍結する正当な理由を作るため、 他の政治指導者と区別し、トランプだけのために規則変更した。それは、ドーシーCEOが不在の際、信頼安全部門の責任者であるヨエル・ロスらが行った/イーロン・マスク氏

政治

ツイッターファイル、マイケル・シェレンバーガー氏の第4弾

速報ですので、シェレンバーガー氏のツイッターのスレッドが更新されるごとに、ページを更新します。

ツイッターファイル第1弾、マット・タイービ「ハンターの地獄のラップトップを検閲した、ツイッターの内部議論」

【速報】BIG!イーロン・マスク氏「これはすごいぞ!」/マスク氏「ハンターの地獄のラップトップを検閲した、ツイッターの内部議論」を暴露/ツイッターファイル第1弾
とんでもないスキャンダルになりそうです。これが本当ならバイデン民主党は崩壊の可能性。とりあえず、速報です。(随時修正及び更新中です) 速報:ここにあるぞ。イーロン・マスク、Twitter...続きを読む

ツイッターファイル第2弾、バリ・ワイス「シャドウバンは存在した。保守派に対する検閲が明らかに」

ツイッターファイル第2弾!「シャドウバンは存在した」保守派に対する検閲が明らかに/ブラックリストを作り不都合なツイートがトレンドに載らないようにシャドウバン(暗号はVF)。CEOらツイッター幹部も関与
ツイッターファイル第2弾:保守派ユーザーに対する秘密のブラックリストと検閲が文書で明らかに 2022年12月8日 イーロン・マスクのいわゆる「ツイッターファイル」の第2弾が、木曜日の夜に公開さ...続きを読む

ツイッターファイル第3弾、マット・タイービ「トランプ大統領のアカウント凍結」

ツイッターファイル第3弾!「トランプ大統領のアカウント凍結」/ツイッターとFBIは2020年の選挙に干渉し、トランプ大統領を排除する計画を立てていた/FBIは郵便投票についてツイートした共和党員を標的にした/イーロン・マスク氏
第3弾は、タイービ氏によるトランプ大統領のアカウント凍結についてです。 タイービ氏のツイートにあるように、明日は第4弾、1月7日のツイッター内の混乱、明後日は第5弾1月8日の重要な日に行われた秘...続きを読む

タイービ氏のツイートにあるように、明日は、第5弾「1月8日の重要な日に行われた秘密の内部コミュニケーション」が明らかになる。

ツイッターファイル第4弾:上級幹部がトランプ氏を追放する正当な理由を作成

 他の政治指導者とは異なり、トランプ氏だけ方針転換を求める

2022年12月10日

イーロン・マスク氏の「Twitterファイル」パート4が、土曜日の夜、マイケル・シェレンバーガーによって公開された。

公開されたパート4には、「トランプ排除」に至るまでの社内議論のパート2が含まれている。

トランプ大統領は最終的に、2021年1月8日にTwitterから追放された。

BREAKING: Twitter Files Part 4: Senior Execs Create Justifications to Ban Trump - Seek a Change of Policy for Trump Alone, Distinct From Other Political Leaders
This is a breaking story…please refresh page for updates as the Twitter thread unrolls. Elon Musk’s “Twitter Files” part 4 was released by Michael Shellenberger...続きを読む

マイケル・シェレンバーガー氏のツイート

ジャーナリストのマイケル・シェレンバーガーによると、1月7日、Twitterの上級幹部が

– トランプ氏を禁止するための正当な理由を作る
– 他の政治指導者と区別して、トランプ氏だけの方針転換を求める。
– 禁止令が言論の自由や民主主義に及ぼす影響について、何の懸念も示していない。

1. ツイッターファイル その4

ドナルド・トランプの排除 1月7日

圧力が高まる中、Twitter幹部は永久追放のケースを構築する

1月7日、Twitterの上級管理職が
– トランプを追放するための正当な理由を作る
– 他の政治指導者と区別して、トランプ氏だけのために方針転換を求める。
– 禁止令が言論の自由や民主主義に与える影響について、何の懸念も示していない。

パート1が、ハンター・バイデンのノートパソコンに関する正確な情報の拡散を防ぐために、Twitterの上級幹部がいかに自社のポリシーに違反したかを記録しています。

パート2は、Twitterの上級幹部が、特定のツイートだけでなく、不利なTwitterユーザーを「排除」するために秘密のブラックリストを作成したことを紹介しています。

そして、パート3では、Twitterの上級幹部が、米国政府の法執行機関の代表者と定期的に関わりながら、2020年11月の選挙に向けてトランプ氏のツイートを検閲していたことを記録しています。

何年もの間、Twitterはトランプ氏を追放するよう求める声に抵抗していた。

世界のリーダーをTwitterからブロックすることは、重要な情報を隠すことになる」と2018年に書いている。[そして)彼らの言動にまつわる必要な議論を妨げてしまう” と書いている。

しかし、1月6日の出来事の後、TwitterのCEOに対する内外の圧力は大きくなる。

ミシェル・オバマ、ADL(名誉毀損防止同盟)のテロリストなどは、ツイッターでトランプを永久に追放するよう呼びかけた。

元ファーストレディ、ミシェル・オバマ, テックジャーナリストカラスウィッシャー、ADL(名誉毀損防止同盟)、ハイテクVCクリス・サッカなど、多くの人がTwitterにトランプ氏を永久追放するよう公に呼びかけています。

ジャック・ドーシーCEOは2021年1月4日から8日まで町を離れていたため、トランプに関するすべての決定は、ヨエル・ロスとビジャヤ・ガッデによって処理されました.

ドーシーは2021年1月4日から8日の週、フランス領ポリネシアで休暇を過ごしていた。彼は電話で会議に参加したが、事態の処理の多くを上級幹部(Twitterの信頼と安全のグローバル責任者ヨエル・ロス、ビィジャヤ・ガッデ)に委任していた

文脈として、Twitterのスタッフ&上級幹部が圧倒的に進歩的だったことを理解することが重要。

2022 年には、Twitter のスタッフの 99% が民主党に寄付した。2017年、ヨエル・ロスは「ホワイトハウスには実際のナチスがいる」とツイートした。

2018年、2020年、2022年、Twitterスタッフの政治献金の96%、98%、&99%が民主党に流れた。

2017年、ロスは “ホワイトハウスには実際のナチスがいる “とツイートしている。

2022年4月、ロスは同僚に、自分の目標は「世界に変化をもたらすこと」であり、それが学者にならないことにした理由だと語った。

1月7日、ジャック・ドーシーは従業員に電子メールを送り、Twitterは一貫したポリシーを維持する必要があると述べた。

1月7日にジャックは従業員に対し、Twitterは一時停止後にユーザーがTwitterに復帰する権利を含む、一貫したポリシーを維持する必要があるとメールする

その後、ロスはある従業員に対し、「このことを気にかけている人たちは…私たちがいる場所に満足していない」と再確認している。

午後 11 時 30 分、ヨエル・ロス は、より多くの言論を制限するために使用できる新しいポリシーについて興奮している同僚にDMを送った。

日本時間の午前11時30分頃、ロスは同僚にDMを送りました。

ちょっと聞いてくれ “と彼は書いている。この新しいアプローチは、5つの違反で永久停止になるシステムを作るだろう。

ヨエル・ロスの「信頼と安全」チームの共産主義者全員が、保守派を永久に禁止できる新しい政策に興奮していた。

“進歩だ!”とロスの信頼・安全チームのメンバーが叫ぶ。

ロスと同僚たちのやりとりを見ていると、彼らがやっていたことがよくわかる。

ヨエル・ロスの同僚は、この決定が最終的にトランプを禁止できることを意味するかどうかを知りたがっていた。

同僚は、この決定がトランプがついに追放されることを意味するのか知りたがっている。その人は、”暴力の扇動という側面で、そのやり方が変わるのか?”と聞いている。

ロスは、それはないと言う。”トランプは引き続き、ただ1つの違反を持ち続けている”(remaining)。

「ヨエル・ロスの同僚の「暴力の扇動」に関する質問は、翌日何が起こるかを強く予言しています。」シェレンバーガーは言った。「1月8日、Twitterは「さらなる暴力の扇動のリスク」を理由に、トランプ氏を永久追放すると発表した」と彼は述べた。

ロスの同僚の「暴力扇動」に関する問い合わせは、翌日の出来事を大きく予感させるものだった。

1月8日、Twitterは “暴力をさらに扇動する危険性 “を理由に、トランプ氏の永久追放を発表する。

1月8日、Twitterは、その禁止は “具体的に(トランプのツイートが)どのように受け取られているか&解釈されているか “に基づいていると述べています。

しかし、2019年、Twitterは、”内容やその意図のすべての潜在的な解釈を決定しようとしたわけではない “と述べています。

Twitter の中で、若い人物だけが、言論の自由に対する懸念を表明した。これは今や、全世界の言論を監視できるグローバルなプレゼンスを持つオンライン プラットフォームの CEO によるフィアットのように見えますが、これは持続不可能に思える」

トランプを禁止することの言論の自由と民主主義への影響についてTwitter内で表明された*唯一の*重大な懸念は、組織内の若い人物からのものでした.これは、「site-integrity-auto」として知られる低レベルの Slack チャンネルに隠されていました。

これは不評かもしれませんが、このようなポリシーに基づかない場当たり的な判断は、イマイチ腑に落ちないものです…。これは、全世界の言論をゲートキープできるグローバルな存在であるオンラインプラットフォームのCEOによる命令であるように見える。”

Twitterの社員は、Slackのディスカッションで「one off」という言葉を頻繁に使っています。その頻出ぶりから、ツイートへの警告ラベルやユーザーへの「ストライキ」をいつ、どのように適用するかについて、従業員の裁量が大きいことがわかります。以下はその典型的な例です。

TwitterFiles2からのリコール。バリワイスTwitterのスタッフによると、「私たちは可視性をかなり制御しています。そして、あなたのコンテンツの増幅をかなり制御しています。そして、普通の人は、私たちがどれだけのことをしているのか知りません。

11. “私たちは可視性をかなりコントロールします。そして、私たちはあなたのコンテンツの増幅をかなり制御しています。そして、普通の人は、私たちがどれだけのことをしているのか知りません」と、あるTwitterのエンジニアは私たちに言いました。さらに2人のTwitter社員が確認した。

ロスと彼の同僚は、「#stopthesteal、盗みを止めろ」という用語をブラックリストに載せないようにした。言い換えれば、Twitterは “stopthesteal “をブラックリスト化することで、左派が弾圧されるリスクを避けたかったのです。

Twitterの社員は、自分たちの政治とTwitterの利用規約(TOS)の違いを認識していますが、「#stopthesteal」ハッシュタグをめぐる一連のやり取りで明らかになったように、禁止ツイートを排除するためにコンテンツの複雑な解釈にも関わっています。

Rothはすぐに同僚にDMを送り、「stopthesteal」と[QAnonの陰謀用語]「kraken」を、逆増幅する用語のブラックリストに追加するよう依頼する。

Rothの同僚は、”stopthesteal “をブラックリストに入れることは、選挙を正当化する「反論を欺く」危険性があると反対する。

囲み枠内はTGPによる

ここから追加(12/11 18:20)

トランプ氏の削除された1月6日のツイートのスクリーンショットを共有したユーザーを罰するかどうかで社員が揉める

ある従業員は、トランプを批判しているツイッターユーザーにストライキを与えたくないと言った.

「スクリーンショットがポリシーに反している以上、このツイートを罰を与えるべきでしょう。

「トランプを批判しているのだから、このユーザーに凍結を適用するのは少しためらわれる」

トランプの1月6日のスクリーンショットを使った親トランプのツイートだけが、懲罰的なストライクを受けることになった。

もしユーザーがトランプを嫌い、かつTwitterの検閲に異議を唱えたらどうなるか?それでもツイートは削除される。しかし、*意図*は選挙結果を否定するものではないので、懲罰的な打撃は与えられない。

“意図が不明確な場合は遠慮なく提起してください”

正午頃、広告営業の混乱した上級幹部がロスにDMを送る。

営業幹部:”ジャックが言っている:「12時間のアカウントロックの後、我々のポリシーに違反した場合、我々は(トランプを)永久に停止する」…ジャックはどんなポリシーのことを言っているのだ?”

ここだ。トランプを追放するため、Twittterは公益政策を取りやめた。

Yoel Rothは、”この特定のケースでは、我々は(トランプの)アカウントに対する公益的アプローチを変更する… “と述べた。

次の出来事は、Twitterがトランプを禁止することを正当化した方法を理解するのに不可欠です。

営業幹部:”我々は今、公益(ポリシー)を捨てているのか…”

ロス、6時間後 「この特定のケースでは、彼のアカウントに対する 公益的アプローチを変更しています…」

広告担当重役は、Twitterの規則に違反するものであっても、”公共の関心事についての理解や議論に直接貢献するものであれば “選出された議員のコンテンツを許可するという、Twitterの「公共の利益の例外」の方針について言及している。

ロス、マット・ゲイツ議員の永久停職処分を “どこにも当てはまらないのに(ドヤ)”推進。

トランプを禁止する根拠のテストケースのようなものだ。

“暴力を煽る陰謀として…削除するよう(Twitterの)安全性(チーム)を説得しようとしている”

2:30頃、幹部がロスに、QAnonの禁止をメディアに大々的に伝えたくない、「これを推し進めると、皆が望んでいることの代わりに何かを提供しようとしているように見える」、つまりトランプの禁止を恐れている、とDMを送った。

ロスの回答は、Twitterが長年のポリシーから逸脱することをどのように正当化するのかを示唆しています。「ポリシーはTwitterの仕組みの一部であり、製品やポリシーを適応させるよりも早く世界が変化してしまったのです。

1月7日夜、「方針に基づかない場当たり的な決定…」について「不評な意見」を述べた後輩が、終業前に最後に発言する。

「これは不人気な意見かもしれませんが、このような政策に根ざしていない、その場しのぎの決定は危険です…。これは、全世界の言論をゲートキープできるグローバルな存在であるオンラインプラットフォームのCEOによる命令であるように見えます…”

その日のうちに、この従業員は「私の懸念は、特にFBによる決定の論理が明文化されていないことにまつわるものだ」と書きました。その空間は、すべての…インターネットの支配者が…王様のように座って、人々が見ることができるものとできないものを気軽に決めているという考え(陰謀論?)で満たされている。”

Facebook Chucked Its Own Rulebook to Ban Trump(フェイスブックはトランプを禁止するために自分のルールブックをチャックしたこの動きは、オンライン・スピーチに対するソーシャル・プラットフォームの力、そしてそれを行使する際の一貫性のなさを思い起こさせるものだ。

「根本的な問題」と書いている ウィル・オレマス支配的なプラットフォームは、常に自分たちの主観を認めたがらない。それは、彼らが世界の公共広場に対して行使する、並外れた、自由な力を強調するからだ。

“そして、その権力の責任を自分たちの肩に負わせる…だから、彼らは常に変化するルールブックの後ろに隠れ、都合のいいときにはそれを指さし、都合の悪いときには近くの敷物の下に押し込めるのだ。”

Facebookがトランプを停止したことで、Twitterは厄介な立場に立たされることになった。もしトランプが本当にTwitterに復帰したら、Twitterは彼を禁止する口実を探すために圧力を強めるだろう“。

確かに。そして バリ・ワイスが明日紹介するように、まさにその通りになってしまった。

/終わり

参考記事

mRNAワク「5回目以降でマウスが次々死亡」3回接種で「変異ウイルスに免疫が対応できず」「mRNAが免疫を抑制し正常細胞攻撃」免疫学教授/ネット「やっと真実が」
一体、いつまで打てばいい? “免疫学の権威”が語る「いまコロナワクチンについて分かっていること」 2022年12月09日 WHOによると、11月に入って以降、日本の週間感染者数は4週連続で世界...続きを読む
NEW!!!イーロン・マスク氏から返事をもらいました!!!
イーロン・マスク氏から返事をもらいました!! 経緯はこうです 金時山金太郎さんが日本人の差別をやめて欲しいと、イーロン・マスク氏に訴えたことから始まりました。 「Tw...続きを読む

1日1クリックの応援よろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました