社会の話題と反応を発信していくネットメディア

米空軍は初めてノルウェーの基地に爆撃機と空軍兵を配備/ロシアの海軍基地近く/北極圏の防衛の重要性の高まりに備え

政治
スポンサーリンク

ノルウェーの基地に爆撃機配備

NEW-米空軍は初めてノルウェーの基地に爆撃機と空軍兵を配備し、米国の防衛戦略に対する北極圏の重要性が高まっていることを強調しました。

米国が初めてノルウェーにB1爆撃機を配備する-「ロシアの広大な海軍基地の近く」米空軍のB1爆撃機がノルウェーに初めて配備する。 厳密にはFXではありませんが、注意を払う価値があります… 米国欧州軍(EUCOM)が発表

米国が初めてB1爆撃機をノルウェーに配備する-「ロシアの広大な海軍基地の近く」

スポンサーリンク

B-1爆撃機が近くのロシアと北極に目を向けて初めてノルウェーに配備されます

空軍は初めてノルウェーに爆撃機を配備する準備をしています。米軍が戦略的に重要な北極圏への焦点を強化するにつれて、200人以上の要員を伴うB-1Bの分遣隊が、近い将来、国のオーランド空軍基地に到着する予定です。

米国欧州軍(EUCOM)は本日、事前チームがB-1Bの着陸に先立ってオーランドに向かおうとしていると発表しましたが、爆撃機がいつ到着するかについては具体的に述べていませんでした。最初の一等空兵がすでに国に到着している間に、航空機が今週後半に大西洋を横切って進む可能性があるという報告があります。この爆撃機機動部隊(BTF)に割り当てられた航空機と空軍兵はすべて、テキサス州のダイス空軍基地にある第7爆撃航空団から来ます。

スポンサーリンク

ノルウェーとの集団的防衛を強調

在欧アメリカ空軍の司令官であるジェフ・ハリジアン空軍将軍は声明のなかで、「作戦の準備と、同盟国やパートナーを支援し、迅速に対応する能力は、複合的な成功に不可欠である」と述べた。「私たちはノルウェーとの永続的なパートナーシップを大切にしており、集団的防衛を強化する将来の機会を楽しみにしています。」

先週、ノルウェー政府はコロナウイルスの症例が急増した後、軍事演習をキャンセルし、今月初めに到着したノルウェーに1,000人の米海兵隊を残しました。

B-1 Bombers Are Deploying To Norway For The First Time With An Eye On Nearby Russia And The Arctic
The deployment is part of the Air Force's new focus on the Arctic and will position the bombers near Russia's sprawling Naval bases.
B-1(Rockwell B-1 )wikipedia

ロックウェル社が開発し、アメリカ空軍が運用している可変翼超音速戦略爆撃機。

B型からの公式の愛称である「ランサー(Lancer)」は、槍騎兵の意。形式番号(B-One)にちなんで「ボーン」(Bone、骨)と呼ばれることも多い。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました