社会の話題と反応を発信していくネットメディア

トランプ前大統領の本拠地、フロリダ州も怒りて起つ!「大手ハイテク企業の違法行為を罰する法律を制定」

政治

フロリダ州知事がビッグテックに警告
・選挙候補者のプラットホームを解除したら1日あたり10万ドル(1,000万円以上)の罰金を課す

・政治家候補や投票の原因に関連するコンテンツへのアクセスを抑制した場合、その企業も毎日罰金

・ルールに違反した大手ハイテク企業に司法長官が訴訟を起こす権限を与える

スポンサーリンク

フロリダ州知事デサンティスはビッグテックに違法行為を罰する

共和党の知事は、火曜日のフロリダ州議会議事堂からの記者会見で、新しい法律の厳しい罰則を詳述しながら、特定の個人のニュースの操作と検閲を批判した。

「フロリディアンは、データと個人情報のプライバシーを保護し、オンラインプラットフォームにアクセスして参加する能力を保護し、ビッグテックからの干渉を受けずに選挙に参加する能力を保護する必要があります」とディサンティス氏は述べています。

これらのプラットフォームは選挙でますます決定的な役割を果たし、ビッグテックのカルテルが支持する正統性に反対するアメリカ人に悪影響を及ぼしました。」

スポンサーリンク

トランプ前大統領はじめ、保守派を検閲したことを批判

デサンティスは、ジョー・バイデン大統領に不利なニュースを「モデレート」し、ドナルド・トランプ大統領を含む著名な保守派をフェイスブックなどから禁止し、パーラーのソーシャルメディアプラットフォームをアマゾンのサーバーから削除したことをほのめかした。

「280万人のアメリカ人がアプリケーションParlerをダウンロードして、友人、家族、同僚と情報を共有することを選択したとき、その結果はどうでしたか?アマゾン、アップルなどによってキャンセルされた」とデサンティスは語った。知事は、企業が警告や一貫性なしに、自分に合ったルールを変更すると市民を差別していると述べました。

スポンサーリンク

もし凍結したら回復するまで1日あたり10万ドル。アクセス制限にも毎日罰金

フロリダ州議会からの新しい措置の下で、選挙中に候補者のプラットフォームを解除したテクノロジー企業は、候補者のプラットフォームへのアクセスが回復するまで、1日あたり100,000ドルの罰金に直面します

この法案はまた、フロリダ州司法長官が法案に定められた新しい方針に違反した場合、フロリダ州の不公正で欺瞞的な取引慣行法に基づいて大手ハイテク企業に対して訴訟を起こす権限を与えます。

「そして最後に、テクノロジー企業がコンテンツとユーザー関連のアルゴリズムを使用して、政治家候補や投票の原因に関連するコンテンツへのアクセスを抑制または優先する場合、その企業も毎日の罰金に直面します」とディサンティス氏は付け加えました。

Florida Governor DeSantis to Penalize Big Tech Companies for Unlawful Practices
Florida Governor DeSantis Announced a Bill to Penalize Big Tech Companies for unlawful Practices
スポンサーリンク

ロナルド・デサンティス

1978年9月14日生まれ。アメリカの弁護士、政治家、フロリダ州の知事。2019 Aメンバー以来共和党、彼は以前に代表されるフロリダ州の第6議員選挙区での米国の衆議院からの2013年から2018年。エール大学とハーバードロースクールを卒業した後、DeSantisは米国海軍のジャッジアドボケイトジェネラルズコープ(JAG)で役員および弁護士を務めました
https://en.wikipedia.org/wiki/Ron_DeSantis

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました