社会の話題と反応を発信していくネットメディア

第45代トランプ大統領の「封印されたDSらに対する起訴状」は5万件から30万件/○リントン、○バマ、ハリウッドスターの名前も

スポンサーリンク

トランプはより多くの封印された起訴状を落下させる

2021年2月4日

トランプ大統領の就任最終日である1月19日、彼が64の大統領恩赦を与えたまさにその日、彼はまた、出典に応じて、50,000〜300,000人のディープステート共謀者の名前を含む40の新しい封印された起訴状を追加した。

私たちはトランプと司法長官代理のジェフリー・ローゼンが悪名高いリストのスポットに値する人について審議するのに最後の時間を費やしたことを証明する信頼できる証拠を得た。

伝えられるところによると、「リスト」には、クリントンやオバマなどの大物民主党員の名前、かなりの数のハリウッドのAリスター、そして平均的な人が聞いたことのないあいまいな名前が含まれています。一部の人々は、リストが開かれ、行動を起こせば、それは民主党とハリウッドを煽動するだろうと推測している。

以前ローゼンのオフィスで働いていた法務担当者は、夜トランプの会合に出席したと主張し、ローゼンはリストに新しい名前を追加しました。彼は私たちに彼の匿名性を保護するように頼んだ。彼はRealRaw Newsに、40件の起訴状のうち12件を一瞥したと語ったが、そのうち3件については以下で詳しく説明し、今後の記事でさらに詳しく説明する。

スポンサーリンク

トランプは決して来ないだろうペンスの謝罪を待っていた

われわれの情報源は語りました。「トランプは決して来ない謝罪を待っていた」

彼(情報源)は、起訴状がペンスをアメリカとその国民に対する反逆罪やその他の犯罪で起訴したと主張している。

また、リストに追加されたのはミッチ・マコーネルだった。

彼は12月6日、不正選挙の申し立てを喜んで非難し、バイデンを大統領選挙に認めたとき、トランプへの支持がなくなった。これに応えて、トランプはマコーネルを「ジャンプ船」で公に非難し、かつてはベテラン上院議員にバイデンのデラウェアの家への頻繁な秘密の旅行について忠告したことで、彼とバイデンの「おかしな」友情を個人的に批判した。

スポンサーリンク

トランプはミッチ・マコーネルとその妻(イレーン・チャオ)をリストに載せた

さらに悪いことに、トランプは、ミッチ・マコーネルとイレーン・チャオ(マコーネルの妻)が2017年に3つの民主政治行動委員会のそれぞれに5,000ドルを寄付したことを示す財務記録を入手しました。彼らは、米国で最大の道路舗装材料のサプライヤーの1つであるバルカンマテリアルズを通じて資金を提供することにより、貢献を覆い隠しました。当時、チャオは同社の取締役会のメンバーだった。

「トランプがもっと怒っていたのか悲しいのかはわかりません。ミッチとイレーンは頑固な共和党員であると主張し、イレーンは彼の政権に仕えた。彼はすでにペンスの裏切りに激怒しており、寄付を知ったことで彼はさらに激怒した。たぶん、イレーンも起訴リストに載っています。知りません。しかし、トランプとローゼンは、マコーネルがリストのスポットにふさわしいことに同意した」と語った。

最後に、私たちの情報筋は、起訴状に基づいて行動することを認めたトランプは、立法を通じて選挙を無効にするか、ホワイトハウスからバイデンを無礼に追放するために軍の完全な力を集めるかのいずれかの条件のいずれかを必要とするだろうと述べた。(realrawnews.com)

TRUMP DROPS MORE SEALED INDICTMENTS - Real Raw News
On President Trump’s fnal day in office, January 19, the very day he granted 64 presidential pardons, he also added 40 new sealed indictments to a pile containi...続きを読む
スポンサーリンク

昨年の12月23日、トランプ大統領、ローゼン司法長官に機密情報を使って起訴することを「覚書」にしている

・ローゼン司法長官に機密情報を使って起訴することを認める
共和党候補のトリシアフラナガン氏「速報-トランプ大統領は、新しい司法長官ジェフリーローゼンに機密情報を起訴に使用する許可を与えました」

トランプ大統領は、大陪審の起訴に機密情報を使用することを新司法長官のジェフリー・ローゼンに許可しました。数日前、大統領は、CIAに対するDoD(国防総省)の保護を削除した後、CIAとFBIがダーラムの起訴状に干渉するのを阻止する命令も発行しました。

スポンサーリンク

トランプ大統領は12月23日に覚書(メモ)を発表。ローゼン司法長官が機密情報を使うことを認める

・トランプ大統領が覚書を発表

諜報活動について司法長官が機密情報を使うことを認める

司法省(司法長官や任命されているダーラム特別検察官)が16年の大統領選でCIAなど諜報機関の実態を暴けるようになった
・バー司法長官は12/23でクビ

(写真AC)

スポンサーリンク

参考記事

http://totalnewsjp.com/2021/02/05/aoc/
タイトルとURLをコピーしました