社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【国境、銃規制に続き増税でチェックメイトか】バイデンの増税により、最初の2年間で雇用が100万人失われるという研究結果

政治

研究結果 バイデンの増税により、米国では最初の2年間で100万人分の雇用が失われる

2021年4月9日

全米製造業協会が新たに発表した調査結果によると、ジョー・バイデン大統領のアメリカの中間層と富裕層への増税計画は、実施から2年間で100万人以上の雇用を犠牲にすると推定されている

ブライトバート社の報道によると、この研究では、バイデン氏が提案した増税計画がもたらす長期的および短期的な経済的ダメージを試算しています。この計画には、米国に拠点を置く製造業者が労働力の規模を拡大することを可能にした、ドナルド・トランプ前大統領の経済政策の廃止が含まれている

NAMのCEO兼社長であるジェイ・ティモンズ氏によるまとめでは、トランプ氏の改革を元に戻すことは、米国の製造業を “大きなリスク “にさらすことになると述べています。

トランプ政権は雇用拡大、社会投資、賃金引き上げに貢献した

“ティモンズ氏は、「競争力のある税率と近代的な国際税制を提供する税制を何十年も提唱してきたアメリカの製造業は、2017年の税制改革の制定後、賃金や福利厚生の引き上げ、アメリカ人労働者の雇用拡大、地域社会への投資など、約束を守ってきた。

もしこれらの改革を元に戻せば、そのすべてが大きなリスクにさらされることになります」と付け加えた。”製造業の従業員は、雇用、成長、昇給の機会を失うことになります。私たちは、このような進歩を元に戻すのではなく、さらに発展させるべきだ。しかし、この研究の結論は避けられません。他国が明らかに有利になるような増税を続ければ、アメリカで生まれる雇用ははるかに少なくなるでしょう」と述べている。

最初の2年間でGDPが1,170億ドル削減される

調査によると、最初の2年間だけで、2023年までに米国のGDPが1,170億ドルも削減されるという。さらに、設備や構造物への投資額も同時期に800億ドル減少するという。

“米国の法人税率は上げるべきだが、提案されている28%ほどではない」と指摘する善意の人もいます。しかし残念ながら、それは米国が雇用や投資を失うことを意味しますが、その割合はそれほど多くありません。特に今のアメリカにはそんな余裕はありません」とティモンズは言う。(rebelnews)

https://www.rebelnews.com/study_biden_tax_raises_will_cost_us_1_million_jobs_in_first_two_years

バイデンは、米銃犯罪は「国際的な恥」と規制策を発表しパンドラの箱を開けた

2021年4月9日

【4月9日 AFP】(更新)ジョー・バイデン(Joe Biden)米大統領は8日、就任後初となる銃規制策を発表し、米国では銃犯罪が「まん延」しており「国際的な恥」となっていると訴えた。

バイデン氏はホワイトハウス(White House)のローズガーデン(Rose Garden)で、メリック・ガーランド(Merrick Garland)司法長官とカマラ・ハリス(Kamala Harris)副大統領と共に規制策を発表。「これはまったくもって、まん延だ。止めなければならない」と述べ、銃犯罪は「公衆衛生上の危機」であり「国際的な恥だ」と断言。出席した議員と銃規制活動家らに向けて「もう祈りは十分だ。行動を起こす時だ」と述べた。

トランプJrはバイデンが国境政策に税金を使うことに激怒

「1. バイデン氏、トランプ氏の国境政策を覆す。

2. 2. 予測可能で予防可能な国境での危機が発生する。

3. そして今、ジョーは自分が引き起こした国境危機を解決するために、アメリカの納税者のお金を使って外国人に現金を支給するという解決策を考えている。

こんなデタラメはありえない!!!」

ペロシは、国境は改善されていると妄言👇

バイデンは万策尽きてトランプ政権の壁を再開👇

万策尽きたバイデン、とうとう移民よ来るなのCMまで流す👇

参考記事

タイトルとURLをコピーしました