社会の話題と反応を発信していくネットメディア

【速報】「GatewayPundit」が予告した決定的証拠の続報/我々のレポートは政界を揺るがすだろう

政治
スポンサーリンク

独占:TCFセンターの不正選挙–新たに発見されたビデオは、締め切りの8時間後に数万の違法投票の深夜配達を示しています

11月3日火曜日、トランプ大統領はミシガン州のスウィングステートでジョーバイデンを10万票以上上回っていました。これは、ミシガン州のトランプ大統領にとって、2016年の勝利よりも大きなマージンを持ったもう1つの堅実な勝利であるように見えました。選挙の夜にミシガン州デトロイトで行われた投票は、以前はコボホールとして知られていたTCFセンターで行われました。

これは、デトロイト市当局が共和党のオブザーバーが侵入するのを防ぐために窓に段ボールを置いた場所であり、投票労働者は共和党のオブザーバーに対して戦闘的に敵対的であり、選挙監視員による何百もの宣誓供述書が投票者の不正を目撃したと主張している。

少なくとも3人の選挙監視員が宣誓供述書で、11月4日の早朝に車両がTCFセンターに不正な投票用紙を配達しているのを目撃したと証言しました。

スポンサーリンク

バンから荷下ろしされたあとにバイデンジャンプ

Michigander シェーン・トレホは、午前3時30分にバイデンドロップを目撃し、バイデンに卓越したリフトをもたらしました。「各ボックスには何千もの投票がありました」とトレホ氏は言います。「投票用紙が表示される午後8時の締め切りのかなり後に、午前3時30分に荷降ろしされた箱が少なくとも50個ありました。」

午前3時30分は、138,000票が突然現れた午後10時30分以来の最初の投票でした。シェーンは後に、投票用紙とともに現れた白いバンにデトロイト書記官事務所の街とそのエンブレムが書かれていることに気づいたと証言した。市の書記官ジャニス・ウィンフリーの名前はバンにあり、おそらくジャネット・ウィンフリーの事務所の番号でした。トレホ氏によると、投票用紙は到着時に処理できなかったため、数えられるまでに、その日の投票労働者の新しいシフトがやって来ました。

スポンサーリンク

これらの投票が行われた後、ジョー・バイデンがミシガンで主導権を握りました。

シェーン・トレホは、タイミングがいかに重要であるかを説明しました。バイデン投票ドロップは、1シフトの終わりに行われました。投票用紙は数えられませんでした。したがって、新しいシフトが投票を数えるようになったとき、彼らは投票がどこから来たのか知りませんでした。

トレホはこのトラックについて現場の監督者に繰り返し尋ね、ストーンウォールされました。

元ミシガン州上院議員パットコルベックはしたTCFセンターでも存在し、11月4日の朝に。コルベック上院議員はまた、午前3時30分のバイデン投票用紙の投下を目撃しました。コルベックは11月にゲートウェイ・プンディットと話しました。

「私はそこに戻り、デトロイト選挙局のレガリアが横にあり、車両ID番号が記載されている場合は、ミニパネルトラックを目撃しました。これは一連の管理上の議論に入り、移籍中に共和党員と民主党員(現在)がいたという兆候はありませんでした。彼らがコニーアイランドの脇道に立ち寄り、移籍中にさらに数票を獲得したかどうかはわかりません。その情報を確認する方法はありません。」

ミシガン州の当局とメディアは、この衝撃的な話のフォローアップにまったく関心がありませんでした。

今日まで、選挙の夜にTCFセンターからのビデオ映像を確認することを誰も気にしませんでした。

昨日の予告👇

スポンサーリンク

Twitterではこの記事に関するツイートに規制がかかってRT等はできません

スポンサーリンク

ミシガンではこれまで数々の証言が出ている

・ドミニオン社のIT職員、開票会場に9時間いたが、トランプ票は1票も見なかったと証言
・ドミニオンと臨時職員サービス契約したコローネ氏証言「例えば25番目の投票用紙が機械に詰まったら、先にスキャンしていた24枚もキャンセルして再度スキャンしないといけないのにそれをしないでどんどんスキャンした」票が抹消される事なくどんどん上積み
・1時間毎に2、3回は機械が詰まる
・死者が投票
・介護施設で複数の投票
・民主党員だけで大量に投票用紙を処理していた
・ドミニオンの派遣社員「27時間現場にして数千票が複数回スキャンされた」
・午前4:30に地下から新しいバッチが出てきた
・日付がない投票用紙がかなりあった
・共和党員の監視員の扱いがひどく追い出された
スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました