社会の話題と反応を発信していくネットメディア

第45代トランプ大統領、独自のソーシャル・メディアのプラットフォームを開設することを検討

政治
スポンサーリンク

トランプは彼自身のソーシャルメディアプラットフォームの立ち上げを検討しています

ドナルド・トランプ前大統領の上級顧問であるジェイソン・ミラーは土曜日に、前大統領がそれほど遠くない将来に彼自身のソーシャルメディアプラットフォームを立ち上げることを検討していることを明らかにした。

土曜日にシリウスXM125パトリオットチャンネルでブライトバートニュースにミラーが出演した時に述べた。

トランプ氏が次に何をする予定かと尋ねられたとき、ミラー氏は「大統領がソーシャルメディアに再び登場するのを見ることを期待している」と述べた。「それが既存のプラットフォームに参加する場合でも、彼の新しいプラットフォームを作成する場合でも、その前線で行われているさまざまなオプションとさまざまな会議があります

スポンサーリンク

第45代トランプ大統領がSNSに戻ってくるのは確実

「トランプ」などと呼ばれるトランプのソーシャルネットワークがどのようになるかについて尋ねられたミラーは慎重でしたが、前大統領は既存の新しいプラットフォームに参加するか、シリコンバレーのハイテク巨人に自分の競争相手を立ち上げることを検討していると述べました。

「すべてのオプションがテーブルにあります」とミラーは言いました。「多くのことが議論されています。彼がソーシャルメディアに戻ってくることを知っているので、そこでお楽しみに。私たちは、どの道が最も理にかなっているのかを理解しているだけです。」

スポンサーリンク

パーラーやgabの可能性、新たなPHの可能性も

トランプが参加する可能性のある既存の代替案には、パーラー、またはギャブが含まれます。トランプが彼自身のプラットフォームを構築しようとすると、それは大規模な事業であり、多くの投資と技術インフラストラクチャを必要とします。しかし、彼の性格と支持者がそれを後押しし、成功する可能性があります。

昨年8月、トランプ氏は、(ビッグテックが)公衆への情報の流れを制御しようとしているかどうか尋ねられたときに「ハイテク企業はそれと言論の自由について非常に不誠実です」とブライトバートニュースに語った。「適切な時期に彼らにとって大きな問題になる可能性があります。」(breitbart)抜粋

Exclusive — Adviser: Trump Considers Launching His Own Social Media Platform
Jason Miller, a senior adviser to former President Donald Trump, revealed Trump is considering launching his own social media platform.

第45代トランプ大統領はツイッターから永久に凍結され、フェイスブックから無期限に凍結されている。

スポンサーリンク

トランプ大統領のアカウントを永久凍結した際、世界から怒りの声が殺到した

アメリカのトランプ大統領のツイッターのアカウントが停止されたことを受けて、南米のブラジルでは、みずからのツイッターのアカウントの画像をトランプ大統領のものに差し替えて抗議の意思を示す動きが広がっていて、議論を呼んでいます。

エラー|NHK NEWS WEB

スポンサーリンク

トランプ大統領は、過去3度セクション230の廃止に言及した/Bigtechは安全保障の脅威

「米国から「ビッグテック」(米国で唯一それを持っている企業-企業の福祉!)への責任を保護する贈り物であるセクション230は、私たちの国家安全保障と選挙の完全性に対する深刻な脅威だ。私たちの国が立つことを許せば、私たちの国は決して安全で安心することはできない」

「それゆえ、国防授権法(NDAA)の一環として、非常に危険で不公正なセクション230が完全に終了しない場合、私は非常に美しいレゾリュートデスク(ホワイトハウス執務室にある大統領デスク)に送られるときに、法案を拒否せざるを得ないな。今すぐアメリカを取り戻す」

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました