社会の話題と反応を発信していくネットメディア

最高裁、パウエル、リンウッド弁護士らの提訴した訴訟を着手決定/1月初旬に迅速に審理を求めたトランプ陣営の要望を蹴っていた訴訟を含む

政治
スポンサーリンク

最高裁がシドニーパウエルやリンウッドの不正選挙への訴訟に着手

金曜日の最高裁判所は、2月中旬の会議で検討するためにいくつかの有名な選挙訴訟をリストアップしました。

事件には、トランプに所属する弁護士のリン・ウッドとシドニー・パウエルによる2020年の選挙への挑戦、および共和党議員のマイク・ケリーのペンシルベニア州訴訟が含まれます。ほぼすべての訴訟は、多くの州による郵送投票の使用の拡大に問題を抱えています。

この決定は、裁判所が1月初旬に選挙関連のすべての訴訟を迅速に追跡することを拒否した後に行われました。

スポンサーリンク

迅速な審理を求めた要望を蹴った最高裁

ドナルド・トランプ前大統領を支持する弁護士は、ほぼすべての嘆願で、バイデン大統領の就任前に事件が審理されなければ、彼らの成功はありそうもないと裁判所に語っていた。

しかし、裁判所がそれらを延期した後、多くの弁護士は、課題は依然として重要であり、選挙の公平性に長期的な影響を与える可能性があると述べました。トランプの弁護士ジョン・イーストマンはワシントン・エグザミナーに、トランプが不在であっても、拡大された郵送投票によって提起された問題を解決することが重要であると語った。

「私たちの法的問題」と彼は、ペンシルベニア州が2020年の選挙を実施した方法に言及し、「依然として重要であり、裁判所の審査を必要としている」と述べた。

最高裁判所が選挙訴訟のいずれかを受け入れた場合、それらは10月まで審理されない可能性があります。(washingtonexaminer)抜粋

Supreme Court to consider election lawsuits in February
The Supreme Court on Friday listed several high-profile election lawsuits for consideration at its mid-February conference.
スポンサーリンク

最高裁判所は、ペンシルベニア州の上訴を促進するためのトランプキャンペーンの要求に即座に対応しなかった

最高裁判所は、昨年末にドナルド・トランプ大統領のキャンペーンによって提出された訴訟の要求にすぐには対応しなかった。最高裁判所は、大統領就任式の後の2021年1月22日以降に審理するとしていた。トランプキャンペーンは12/21にペンシルベニア州の選挙結果に対する最高裁判所の異議申し立てを提出していた。

2020トランプキャンペーン、スティーブ・コーツ氏「遅れたとしてもやらないよりはまし」

スポンサーリンク

シドニーパウエル弁護士は不正投票と選挙干渉について270ページのレポート発表している

「パウエルは、バインダーの文書が直接の外国の干渉と詐欺が11月3日の大統領選挙を汚したことを証明し、ドナルド・トランプ大統領が再選されたと主張していた。

レポートは270ページで編集されており、これはパウエルが2020年の大統領選挙における外国の干渉であると主張していることを立証するために機能します。レポートには、投票者の不正へのリンクが5ページ以上含まれています。

また、12月19日にはピーターナバロがレポートを提出、さらにその後2度、合計3度のレポートを提出
2020年の選挙を悩ませている大規模な詐欺を詳述した新しいレポートは、「6つの次元と6つの激戦州にまたがる」広範な「千の削減による盗難」戦略があったと主張しています。

報告書の中で、同じくホワイトハウス貿易顧問であるピーター・ナバロは、アリゾナ、ジョージア、ミシガン、ネバダ、ペンシルベニア、ウィスコンシンで行われている「トランプペンスのチケットに対して選挙デッキを効果的に積み上げるための調整された戦略」について概説した。

スポンサーリンク

参考記事

タイトルとURLをコピーしました